2012/11/27号◆”科学的根拠に基づくがん検診”特別号-9「インフォグラフィック:前立腺癌におけるPSA検診の利益と不利益」 | 海外がん医療情報リファレンス

2012/11/27号◆”科学的根拠に基づくがん検診”特別号-9「インフォグラフィック:前立腺癌におけるPSA検診の利益と不利益」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

2012/11/27号◆”科学的根拠に基づくがん検診”特別号-9「インフォグラフィック:前立腺癌におけるPSA検診の利益と不利益」

同号原文NCIキャンサーブレティン一覧

NCI Cancer Bulletin2012年11月27日号(Volume 9 / Number 23)

日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~
PDFはこちらからpicture_as_pdf
____________________

◇◆◇ インフォグラフィック:前立腺癌におけるPSA検診の利益と不利益 ◇◆◇

PSA検査の利益と不利益についてよく知られるようになるに従い、各機関はPSA検査を用いた検診を推奨しなくなってきている。検査をするかどうかは、主治医と相談し、考えうる利益と不利益について詳細な情報を得たうえで個人的に判断するべきであると多くの専門家は言う。

下のインフォグラフィックは、前立腺癌におけるPSA検診の利益と不利益について表したものである。この推計は、Annals of Internal Medicine誌7月17日号に掲載された米国予防医療作業部会(USPSTF)勧告において発表された。このデータは、前立腺癌、肺癌、大腸癌および卵巣癌検診試験(PLCO)およびヨーロッパにおける前立腺癌検診に関するランダム化試験(ERSPC)の13年間または11年間の追跡調査に基づいている。2つの試験から、55才から69才の男性がPSA検査によって得ることができる利益について、最も信頼できる証拠が得られている。

 [ U.S. Preventive Services Task Force Recommendation Statement, Annals of Internal Medicine]     (※米国予防医療作業部会(USPSTF)による図を基に作成)

******
徳井陽子 訳
榎本 裕(泌尿器科/東京大学医学部付属病院) 監修
******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward