[ 記事 ]

FDA:前立腺癌治療薬のリスクに関する警告

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年10月20日
Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988
Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

FDA:前立腺癌治療薬のリスクに関する警告

米国食品医薬品局(FDA)は本日(10月20日)、主に前立腺癌患者の治療に使用されている薬剤ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)アゴニストの添付文書について新たに警告を追加するよう製造者に要請した。

この警告は、これらの薬剤の投与を受けている男性患者における心疾患および糖尿病の潜在的リスクを患者および医療専門家に喚起するものである。

5月、FDAは予備的分析および継続中の分析により、GnRHアゴニストの投与を受けている患者に糖尿病、心疾患、脳卒中および突然死のリスクが僅かに上昇したことがわかったと述べた。新しい添付文書にはこれらのリスクの可能性を注意と警告の部分に新しく入れることになる。

米国では、前立腺癌は男性において皮膚癌に次いで2番目に多い癌であり、通常は高齢の男性に発症する。疾病対策センターの国立健康統計センターおよび国立癌研究所によれば、今年は新たに推定217,730人が前立腺癌と診断され、約32,050の男性が前立腺癌により死亡すると予測される。

GnRHアゴニストは、前立腺癌増殖に関与するホルモンであるテストステロンの生成を抑制する薬剤である。このタイプの治療はアンドロゲン遮断療法すなわちADTと呼ばれる。テストステロンの抑制により、前立腺癌の縮小または増殖の抑制が認められてきた。

GnRHアゴニスはEligard、Lupron、Synarel、Trelstar、Vantas、ViadurおよびZoladexなどのブランド名で上市している。一部のジェネリック製品が入手可能である。

******

******
滝澤 美樹 訳
林正樹(血液・腫瘍内科)監修
******


原文


【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事