[ 記事 ]

リンパ腫治療の進展ー2019年米国血液学会(ASH)年次総会

2019年米国血液学会(ASH)年次総会および展示会が12月7日から10日にフロリダ州オーランドで開催された。この総会には世界中から専門家が集まり、血液や骨髄の腫瘍などを含む血液関連疾患の治療における新たな進展について話し合う。

このポッドキャストでは、総会で発表された4つの発見についてMichael William医師(理学修士)が説明する。局所性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の新規治療方法、再発または再燃マントル細胞リンパ腫の新規治療アプローチ、および高耐性再発リンパ腫の新規治療薬に関する発見についてである。

・ 2つの研究ではPETスキャンを使用し、局所性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者が全身療法による治療後、放射線療法を必要とするか検討した。

・ 再発マントル細胞リンパ腫の治療に、分子標的療法(薬)であるイブルチニブ(販売名:イムブルビカ)とベネトクラクス(販売名:ベネクレクスタ)を組み合わせて使用した研究の最新情報。 

・高耐性な再燃非ホジキンリンパ腫の新たな治療法である二重特異性抗体モスネツズマブに関する研究。この免疫療法で、体のT細胞とリンパ腫B細胞が結び付き、T細胞が腫瘍を破壊できるようになる。 

Williams医師は、バージニア医科大学Byrd S. Leavell内科教授、病理学教授である。血液/腫瘍内科部長を務め、Cancer Service Lineを率いる医師でもある。また、UVAがんセンターの医務局の副局長を務めている。Williams医師は、Cancer.Net(ASCO患者向けサイト)リンパ腫部門の副編集長である。

***CANCER.NET ポッドキャスト(英語)は原文ページを参照ください。
「リンパ腫ハイライト―米国血液学会(ASH)2019(マイケル・E・ウィリアムズ, MD, ScM医師)」

翻訳水町敦子

監修北尾章人(腫瘍・血液内科/神戸大学大学院医学研究科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事