モノクローナル抗体薬dostarlimab投与でdMMR直腸がんが消失

抗PD-1モノクローナル抗体ドスタルリマブによる直腸がん治験治療の第2相試験において、患者12人中12人で腫瘍が完全に消失したことが、早期結果で明らかになった。

患者は全員、ミスマッチ修復機構欠損を有する局所進行がん(直腸がん患者の5~10 %)であり、ほぼ全員がステージ3の直腸腺がんであった。

本剤の静注を3週間に1回、6カ月間行った。治療後に標準的化学放射線療法および手術を行う予定であったが、それらが必要とされることはなかった。

スローンケタリング記念がんセンター(ニューヨーク)のLuis Diaz医師らは、The New England Journal of Medicine誌で次のように発表した。「(6~25カ月の追跡期間で)どの患者も化学放射線療法も手術も受けていない。再発の症例報告もない。ドスタルリマブ単独投与終了後、患者4人が臨床的完全奏効を1年間持続していた」。

本結果は、米国臨床腫瘍学会年次総会(ASCO22)で発表された。

ノースカロライナ大学のHanna Sanoff医師は、次のように述べている。

「本結果は非常に期待を持てるものですが、この治療法が現在の根治療法にとって代わることはまだない。主要評価項目であった臨床的完全奏効は、長期的がんコントロールの代用としては不完全である。化学療法および放射線療法後に臨床的完全奏効となる患者は、そうでない患者よりも予後はよいが、手術を受けない場合、20~30%でがんが再び増殖する」。

本治療による副作用は、発疹、皮膚炎、掻痒(かゆみ)、疲労感、悪心で、グレード3以上の有害事象は報告されていない。

ドスタルリマブは現在、子宮内膜がん治療で認可されている。グラクソ・スミスクライン(GSK)により、Jemperliという販売名で市販されている。9回投与する費用は、1回分11,000ドル弱である。

出典: The New England Journal of Medicine 2022年6月5日

日本語記事監修 :野長瀬祥兼(腫瘍内科/市立岸和田市民病院)

翻訳担当者 平 千鶴

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

大腸がんに関連する記事

若年成人の大腸がん罹患率増加に肥満とアルコールが関与の画像

若年成人の大腸がん罹患率増加に肥満とアルコールが関与

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2024年におけるEUと英国のあらゆるがんによる死亡率を専門家が予測

欧州連合(EU)と英国における25〜49歳の大腸がんによる死亡率の上昇には、過体重と肥満...
意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
低リスク病期2A結腸がん治療選択における術後血中ctDNAの役割は不明瞭 の画像

低リスク病期2A結腸がん治療選択における術後血中ctDNAの役割は不明瞭 

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解
「ステージ2結腸がんにおいては、常に医療者と患者が意思決定プロセスを決定することで、術後補助化学療法の検討が行われてきました。血中循環腫...
大腸がん術後微小残存病変への化学療法の効果を血中ctDNAが予測の画像

大腸がん術後微小残存病変への化学療法の効果を血中ctDNAが予測

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解
「本試験は、ctDNAクリアランス(循環腫瘍DNAがリキッドバイオプシーで検出されない状態)持続の重要性を示しただけでなく、術後化学療法...