化学療法に伴う乳がんサバイバーの末梢神経障害をコンピューターゲームが改善

MDアンダーソンがんセンター

化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)は、多くのがんサバイバーにしびれ、感覚の喪失、痛みなどのネガティブな感覚を引き起こし、がん治療後の主な慢性的問題として残っている。研究者らは、脳に直接働きかけることで神経障害の知覚が改善されることを新たな研究で明らかにした。Sarah Prinsloo博士が主導した本研究では、CIPNを経験した乳がんサバイバー91人を3つのグループに分けた。第1群はクローズドループ 脳-コンピューターインターフェース(BCI)によるセッションに参加し、第2群はプラセボ・フィードバックを受け、第3群は介入を受けなかった。各セッション中、参加者たちは、脳の感覚や動作の処理方法を変えるようにデザインされたコンピューターゲームを行った。20回のセッション後、2つの介入群のみが症状の有意な軽減を経験した。BCI群は最大の改善を経験し、最終セッション後1カ月間症状は改善し続けたが、プラセボ群では症状は再発した。詳細はCancer誌を参照のこと。

【MDアンダーソン研究ハイライト 2023/09/21】

特集:末梢神経障害とケモブレインの進展、CAR-T細胞アトラス、AMLの治療標的、膵臓がんと骨がんのリスク予測ツールなど

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究ハイライトでは、がんの治療、研究、予防における最新の画期的な発見を紹介している。これらの進歩は、世界をリードするMDアンダーソンの臨床医と科学者の垣根を超えた継ぎ目のない連携によって可能となり、研究室から臨床へ、そしてまた研究へと発見がもたらされる。

MDアンダーソンにおける最近の開発には、乳がんサバイバーの末梢神経障害の症状改善を支援するコンピューターゲーム、CD19キメラ抗原受容体(CAR)T細胞の単一細胞アトラスの一般公開、TP53変異陽性急性骨髄性白血病(AML)の新たな標的、ケモブレインを予防する前臨床標的、膵臓がん発症リスクの高い患者を特定するのに役立つ血液検査、骨がん患者の転帰リスクを予測するゲノム的洞察などがある。

  • 監訳 佐藤恭子(緩和ケア内科/川崎市井田病院)
  • 翻訳担当者 青山真佐枝
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/10/04

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

 

乳がんに関連する記事

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...
早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCSの画像

早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCS

MDアンダーソンがんセンターアブストラクト:GA03-03

Ribociclib[リボシクリブ](販売名:Kisqali[キスカリ])とホルモン療法の併用による標的治療は、再発リスクのあ...
転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性の画像

転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)転移乳がんの大規模コホートにおける融合RNAの包括的プロファイリングにより、治療標的となりうる独特な融合変異が明...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...