米国黒人女性では、乳がん検診推奨年齢50歳では遅い

ニュース

米国では、人種や民族に関係なく、米国民女性に50歳から隔年で乳がん検診を受けることを推奨している。しかし、新たな解析によると、黒人女性は42歳から検診を開始する必要があるとし、「人種・民族に適応した」アプローチを提案した。

米国の研究チームは、黒人女性の乳がんに関する危険性について新たな研究を発表した。年齢に基づく乳がん検診ガイドラインが、黒人女性にとって「危険」であることが示された。黒人女性は、他の人種に比べて早い年齢で乳がんで死亡するリスクが高いため、年齢に基づく検診ガイドラインだけでは不十分であるというのがその理由である。

研究チームによると、全人口に対して50歳から始めた場合、白人女性は51歳で乳がんのリスクが限界値に達しますが、黒人女性は42歳で、アメリカ先住民/アラスカ先住民やヒスパニック女性は57歳、アジア系/太平洋諸島系女性は61歳でそれに達する。米国予防医療専門委員会(USPSTF)は、40代の女性については、個別の判断により開始することを推奨しているが、研究チームは、人種や民族を考慮しない乳がん検診ガイドラインは、すでにリスクが高いグループにさらなる被害をもたらす可能性があると警告している。

著者らは、人種や民族に基づくガイドラインの導入が、パーソナライズされた公正な検診プログラムの実現につながる可能性があると述べている。
JAMA Network Open 2023 年 4 月 19 日オンライン公開 全文

(※英語サイトは自動翻訳機能を利用して日本語で読むことができます。)

追記)  5月9日、米国保健省の医療研究・品質評価機構(Agency for Healthcare Research and Quality)の諮問委員会である米国予防医療専門委員会(Preventive Services Task Force:USPSTF)は、乳がんマンモグラフィ検診の推奨年齢を40歳以上、隔年を推奨する新たなドラフトを作成し、パブリックコメントを募集中。

監修 下村 昭彦 (乳腺・腫瘍内科/国立国際医療研究センター乳腺腫瘍内科)
参考ニュース Medscape Oncology
原文掲載日 2023年4月19日

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...
英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブの画像

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

キャンサーリサーチUKタラゾパリブ(販売名:ターゼナ(Talzenna))が、英国国立医療技術評価機構(NICE)による推奨を受け、国民保健サービス(NHS)がBRCA遺伝子変異による...
乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...