新たに診断された多形性膠芽腫患者で、癌ワクチンRindopepimutおよびテモダールの併用療法が有望である可能性

キャンサーコンサルタンツ

新たに診断された多形性膠芽腫(GBM)患者において、癌ワクチンRindopepimut(CDX-110)とテモダール(テモゾロミド)併用維持療法を実施したところ、5.5カ月間時点での無増悪率は70%となった。本所見は最近2010第46回米国臨床腫瘍学会(2010年ASCO会議)にて発表された。[1]

GBMは、もっとも頻繁に認められる致死性の原発性脳腫瘍の一つである。神経系にもっとも多く認められる膠細胞から発生する。膠細胞は、ニューロン(脳、脊髄および神経間の活動電位を伝達する細胞)の機能を促進するよう補助的な機能を果たす。

GBMに対する現在の治療法としては、外科的手術とその後の放射線およびテモダールでの化学療法がある。しかし、もっとも積極的な本療法を用いても、多くの患者における診断後の生存期間が1年未満となっている。このように、研究者たちは新しく革新的な治療方法を継続して評価している。

Rindopepimutは現在試験段階の癌ワクチンで、免疫系を刺激し、癌細胞表面の標的を攻撃するように設計された薬剤である。この特殊なワクチンは、表皮増殖因子受容体III型変異分子(EGFRvIII)を標的とする。GBM患者の25〜30%がEGFRvIII陽性であると推定されている。

本試験(第2相後期試験)では、新たに診断されたEGFRvIII陽性GBM患者を対象に評価した。腫瘍摘出手術、原体照射療法およびテモダールによる化学療法による治療で、腫瘍の増悪が認められなかった患者を本試験の組入れ対象患者とした。一次療法で奏効が認められた後、テモダールおよびRindopepimutを用いて併用療法を継続した。予定の65人のうち40人で評価した5.5カ月時点の中間報告では、患者の70%で増悪が認められなかった。Rindopepimut は、過剰反応による投薬中止1人を除き、その優れた忍容性が示された。

これら本試験の結果については、GBM患者において実施したRindopepimutのこれまでの試験結果との一致が認められた。現在実施中の試験により、有望視される本剤のGBM治療における役割について、さらなる解明が見込まれている。

参考文献:

[1] Lai R, Recht LD, Reardon DA, et al. Interim data for ACT III: Phase II trial of PF-04948568 (CDX-110) in combination with temozolomide (TMZ) in patients (pts) with glioblastoma (GBM). Presented at the 46th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology (ASCO), Chicago, IL, June 4-8, 2010. Abstract 2014.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 菅原宣志

監修 寺島慶太(小児血液腫瘍・神経腫瘍学/テキサス小児がんセンター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

脳腫瘍に関連する記事

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認の画像

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)2024年4月23日、米国食品医薬品局(FDA)は、BRAF融合遺伝子または遺伝子再構成、あるいはBRAF V600変異を有する生後6カ月以上の再発または難治...
膠芽腫への放射線療法併用AZD1390の安全性と有効性を示す第1相試験の画像

膠芽腫への放射線療法併用AZD1390の安全性と有効性を示す第1相試験

毛細血管拡張性運動失調症変異(ATM)キナーゼ阻害薬であるAZD1390は、標準治療の放射線治療と併用した場合、再発および新規診断の膠芽腫(GBM)患者において管理可能な安全性プロファ...
髄膜腫の治療選択に遺伝子シグネチャーが役立つ可能性の画像

髄膜腫の治療選択に遺伝子シグネチャーが役立つ可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ物事を見かけで判断してはならない。腫瘍も顕微鏡で見た細胞の様子だけでは判断できないことが、次第にわかってきている。

成人の原発性脳腫瘍の中で最...
膠芽腫に対する効率的な第2相アダプティブ(適応型)臨床試験の画像

膠芽腫に対する効率的な第2相アダプティブ(適応型)臨床試験

ダナファーバーがん研究所膠芽腫の新たな治療法を見出すことを目的とした革新的な第2相臨床試験が、ダナファーバーがん研究所の主導のもと、全米の脳腫瘍センター主要10施設との協力で行なわれ、...