切除不能Stage III非小細胞肺癌患者に対する肉眼的腫瘍体積への三次元原体照射による同時追加照射の第II相試験:韓国0301試験結果

A Phase II Study of Synchronous Three-Dimensional Conformal Boost to the Gross Tumor Volume for Patients With Unresectable Stage III Non-Small-Cell Lung Cancer: Results of Korean Radiation Oncology Group 0301 Study.
Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2008 Dec 29. [Epub ahead of print]
Cho KH, Ahn SJ, Pyo HR, Kim KS, Kim YC, Moon SH, Han JY, Kim HT, Koom WS, Lee JS. Research Institute and Hospital, National Cancer Center, Goyang, Gyeonggi,(韓国)

目的:われわれは局所進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対する同時化学放射線療法における肉眼的腫瘍体積(GTV)への三次元原体照射による同時追加照射の有効性を評価した。[pagebreak]対象と方法:胸水が無く鎖骨上リンパ節転移を有しない、ECOG(Eastern Cooperative Oncology Group:米国東海岸癌臨床試験グループ)performance scoreが0-1の切除不能Stage III非小細胞肺癌を適格症例とした。病理学的にNSCLCと確認された49例が登録された。Stage IIIAは18例、Stage IIIBは31例であった。三次元原体照射法を用いて計画標的体積(PTV)に対する1.8Gyの照射にGTVへの0.6Gyの同時追加照射を行い、GTVに対して総線量60Gy、PTVに45Gyを25分割5週間かけて照射した。全例に対してパクリタキセルとカルボプラチンによる毎週の化学療法を放射線治療期間中施行した。

結果:生存例での追跡期間の中央値36.8カ月(29.0-45.5カ月)で生存期間の中央値は28.1カ月であった。1, 2, 3年全生存率はそれぞれ77%, 56.4%, 43.8%であった。対応する局所無進行生存率はそれぞれ71.2%, 53.7%, 53.7%であった。試験の順守は放射線治療で90%、化学療法で88%であった。Grade 2以上の急性食道炎は29例で発生した。T4病変を有する2例が治療期間中に大量出血と喀血で死亡した(Grade 5)。全体としての晩期毒性は忍容可能なものであった。

結論:忍容可能な毒性で良好な成績であったことから、本試験での三次元原体照射を用いたGTV追加照射による加速スキームは、従来の分割照射との比較を行う第III相試験を支持するものである。

PMID: 19117690

平 栄(放射線腫瘍科) 訳

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

ROS1陽性肺がんでレポトレクチニブが新たな治療選択肢にの画像

ROS1陽性肺がんでレポトレクチニブが新たな治療選択肢に

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ2023年11月、食品医薬品局(FDA)は、ROS1遺伝子融合と呼ばれる遺伝子変化を有する一部の進行肺がんの治療薬としてrepotrecti...
非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性の画像

非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性

ダナファーバーがん研究所アロステリック阻害薬EAI-432は、EGFR変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する新たな治療法を提供するEAI-432は、ATPポケット以外の部位に結...
一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効の画像

一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ新しいタイプの標的免疫療法薬が、肺がんの中で最も悪性度の高い小細胞肺がん(SCLC)患者の約3人に1人で腫瘍を縮小させたことが臨床試験の結果...
FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認の画像

FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年11月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、局所進行性または転移性のROS1陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、repotrectinib[レポ...