肥満患者は十分量の化学療法剤を投与されていない可能性がある

キャンサーコンサルタンツ

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、殺細胞性化学療法剤を体重から算出した最大投与量で肥満患者の治療に使用することを推奨するガイドラインを採用することになった。肥満患者が不十分な化学療法剤の投与を受けることが多いことを示すデータの結果から、このような推奨が行われた。

医師は理想体重に基づいた化学療法剤を投与することが多いか、もしくは副作用に対する懸念から、化学療法剤の投与量を制限することがある。一部の医師は、体重に基づいた標準的な算出法に従うと、患者に過量投与してしまうことになり、さまざまな問題が生じるのではないかと恐れている。その結果、現在多くの肥満患者が不十分な化学療法剤の投与しか受けておらず、肥満患者における死亡率および再発率が高い。

実際に、実体重に基づいていない不十分な量の化学療法剤の投与を受けている患者が最大で肥満患者の40%存在し、このような肥満患者は、実体重に合った投与量の85%以下の用量で投与を受けていることを示すデータがある。多くの医師が、高用量投与が心臓に悪影響を及ぼす可能性を危惧しているが、これを裏づけるデータはない。

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、この問題を検討するための専門家による委員会を招集し、体重から算出した最大投与量の化学療法剤を投与された肥満患者において、短期または長期の毒性が増加したことを示すエビデンスがないこと明らかにした。実際に、体重から算出した最大投与量の化学療法剤を投与された肥満患者では、対照となる肥満ではない患者と比べて骨髄抑制(血球数の減少)の頻度が同じであるか低いことがわかった。

委員会は、特定の化学療法剤を使用する場合または糖尿病や心臓病のような合併症がみられる場合を除いて、化学療法剤の固定化された量での投与が正当化されることは滅多にないことを明らかにした。

専門家らは、肥満患者において毒性または過量投与に関する懸念は根拠がないとの見解を示している。治療に由来する毒性が肥満患者にみられる場合、肥満ではない患者と同じように対処する必要がある。

肥満患者は、体重から算出された化学療法剤の最大投与量について、医師と話し合うことが勧められる。

参考文献;
Griggs JJ, Mangu PB, Anderson H, et al. Appropriate Chemotherapy Dosing for Obese Adult Patients With Cancer: ASCO Practice Guideline. Journal of Clinical Oncology. 2012; 30(13): 1553-1561.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 寺本瑞樹

監修 野長瀬祥兼 (腫瘍内科/近畿大学付属病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

がん治療に関連する記事

がん免疫療法薬の効果予測、より優れたバイオマーカーの画像

がん免疫療法薬の効果予測、より優れたバイオマーカー

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ免疫療法薬である免疫チェックポイント阻害薬に反応する患者の予測において、現在使用されている分子マーカーは必ずしも有効でない。その理由を、主に...
米NCIによる、固形がんに対するT細胞療法の大幅強化アプローチの画像

米NCIによる、固形がんに対するT細胞療法の大幅強化アプローチ

米国国立がん研究所(NCI)ニュースリリース概要米国国立衛生研究所の一部である国立がん研究所(NCI)は、固形がんに対するT細胞ベースの免疫療法治療(CAR‐T細胞療法など)の...
ASCO、がん臨床試験の卵巣毒性評価に関する推奨を発表の画像

ASCO、がん臨床試験の卵巣毒性評価に関する推奨を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、がん臨床試験における卵巣毒性の適切な評価に関する新たな推奨事項をまとめた研究声明「Measuring Ovarian Tox...
リンパ腫の化学療法中にコレステロール薬が心臓を保護する可能性の画像

リンパ腫の化学療法中にコレステロール薬が心臓を保護する可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログアントラサイクリン系薬剤と呼ばれる化学療法薬を投与されたリンパ腫患者において、コレステロール低下薬が心不全のリスク軽減に役立つ可能性があるこ...