Fentora(フェンタニル口腔錠) | 海外がん医療情報リファレンス

Fentora(フェンタニル口腔錠)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Fentora(フェンタニル口腔錠)

原文
疼痛管理専門家など医療従事者向け

死亡その他の有害事象の最近の報告を受けて、米国食品医薬品局(FDA)は公衆衛生勧告および医療従事者向け情報シートを発行し、Fentora(フェンタニル口腔錠)使用に関して医療従事者および消費者の注意を喚起している。報告された死亡は、患者や投与量の不適切な選択あるいは代替製剤としての不適切な使用の結果生じたものである。

FDAは医師をはじめとする医療従事者に対し、Fentoraを投与する場合は製剤ラベルの指示に従うことが重要であると警告した。さらに、頭痛や偏頭痛などの短期間の疼痛に対してFentoraを使用するのは危険であるとしている。オピオイドに忍容性がない患者にはFentoraを投与しないことが重要である。

Fentoraの服用中は医師による綿密な管理が必要で、突出痛を適切に抑えるための用量調節は注意深く行われなければならない。

また、即効性の鎮痛薬であるFentoraを他の鎮痛薬の代替製剤にするのは適切でなく、FDAは懸念を抱いている。Fentora は他のフェンタニル系製剤と同等ではなく、フェンタニル製剤のひとつで、癌性突出痛の治療に使用されるActiqの代替製剤にすることはできない。FentoraはActiqよりも多量のフェンタニルを血液中に運ぶため、Actiqの代替として同用量のFentoraを用いることは致死的な過剰投与に至る可能性がある。

2007年9月13日
Fentoraに関する重要な安全情報を処方者など医療関係者に告知するため、Cephalon社は医療従事者向け安全性注意文書2通を発行した。 Fentoraが適応となるのは、長期にわたる癌性疼痛が根底にあるためにこれまでにオピオイド療法を受け、オピオイド療法に対して忍容性がある癌患者の突出痛管理に限られている。Fentoraで治療を受けた患者に死亡を含む重篤な有害事象が起きている。死亡は、患者の不適切な選択(例、オピオイドに忍容性のない患者に対する投与)不適正な投与量、代替製剤としての不適切な使用などが原因となって起きた。この医療従事者向け安全性注意文書には患者の適切な選択方法や、呼吸抑制のリスクを低減するためのFentoraの適正な投与量および投与法に関して重要な点が記されている。

[September 26, 2007 – Public Health Advisory – FDA]
[September 26, 2007 – Healthcare Information Sheet – FDA]
[September 10, 2007 – Dear Doctor Letter – Cephalon]
[September 10, 2007 – Dear Healthcare Professional Letter – Cephalon]
[March 2007 – Label with Medication Guide – Cephalon]

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  7. 7ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9がんに対する標的光免疫療法の進展
  10. 10乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他