[ 記事 ]

FDAが非小細胞肺がんの併用療法にセミプリマブを承認

2022年11月8日、米国食品医薬品局(FDA)は、上皮成長因子受容体(EGFR)、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)、またはc-ros oncogene 1(ROS1)の遺伝子に異常のない進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者に対し、プラチナ製剤を含む化学療法との併用にcemiplimab-rwlc [セミプリマブ](販売名:Libtayo、Regenon Pharmaceuticals社)を承認した。

有効性は、全身治療歴がない進行非小細胞肺がん患者466人を対象とした、ランダム化、多施設共同、多国間、二重盲検、実薬対照比較試験である16113試験(NCT03409614)において評価された。患者は、cemiplimab+プラチナ製剤を含む化学療法を3週間ごとに4サイクル投与した後にcemiplimab+維持化学療法を行う群と、プラセボ+プラチナ製剤を含む化学療法を3週間ごとに4サイクル投与した後にプラセボ+維持化学療法を行う群に2:1で無作為に割り付けられた。

有効性の主要評価項目は全生存期間(OS)であった。また、有効性の副次的評価項目は、盲検下独立判定委員会の評価による無増悪生存期間(PFS)および奏効率(ORR)であった。

Cemiplimab+プラチナ製剤を含む化学療法の併用療法では、プラセボ+化学療法の併用療法と比較して、OSに統計学的に有意かつ臨床的に意義のある改善が示された(ハザード比[HR]0.71[95%CI:0.53、0.93]、両側p値=0.0140)。OS中央値は、cemiplimab+化学療法群で21.9カ月(95% CI: 15.5, 評価不能)、プラセボ+化学療法群で13.0カ月(95% CI: 11.9, 16.1 )であった。盲検下独立判定委員会によるPFS中央値はcemiplimab+化学療法群で8.2カ月(95% CI: 6.4, 9.3)、プラセボ+化学療法群で5.0カ月(95% CI: 4.3, 6.2) (HR 0.56; 95% CI: 0.44, 0.70, p < 0.0001)であった。 盲検下独立判定委員会により確認された奏効率は、cemiplimab+化学療法群で43%(95%CI:38、49)、プラセボ+化学療法群で23%(95%CI:16、30)であった。

主な副作用(15%以上)は、脱毛症、筋骨格痛、悪心、疲労、末梢神経障害、食欲不振であった。

Cemiplimabの推奨用量は350 mgで、3週間ごとに経静脈投与する。Cemiplimabに併用する薬剤の推奨投与量情報は、必要に応じて、その薬剤の処方情報を参照のこと。

Libtayoの全処方情報はこちらを参照。

 

 

監訳:吉松 由貴(呼吸器内科/University of Greenwich, Queen Elizabeth Hospital)

翻訳担当者原 久美子

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事