アレンドロネート、エチドロネート (Didronel)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート (Actonel, Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロネート(Reclast、ゾメタ)などのビスフォスフォネート剤 | 海外がん医療情報リファレンス

アレンドロネート、エチドロネート (Didronel)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート (Actonel, Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロネート(Reclast、ゾメタ)などのビスフォスフォネート剤

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

アレンドロネート、エチドロネート (Didronel)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート (Actonel, Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロネート(Reclast、ゾメタ)などのビスフォスフォネート剤

原文
老年病専門医、婦人科医、口腔外科医、医療従事者および消費者向け

 

FDAは、引き続き進行中のビスフォスフォネート剤の使用と心房細動との関連についての新たな安全性データの再検討について early communicationを発行した。ビスフォスフォネート剤は主に、骨粗鬆症患者の骨量を増加させ、骨折リスクを低下させる、また骨のパジェット病患者において骨のターンオーバーを遅らせる、骨転移の治療や、癌患者における高い血中カルシウム濃度を下げるのに使用される薬剤である。

 

FDAは、経口および静注ビスフォスフォネート剤発売後、関連して報告されている心房細動の自主報告を審議したところ、ビスフォスフォネート剤使用者のうち心房細動のリスクが増加する集団を特定できなかった。加えて、閉経後女性の骨粗鬆症治療に最近承認された年1回のReclastのデータ審議の一環として、FDAは心房細動とReclastの使用との関連性の可能性を評価した。ほとんどの心房細動が薬剤投与後1ヶ月以上経過してから起こっている。また、静注投与後最長11日めまで一部の患者を心電図でモニターしたところ、Reclastまたはプラセボを受けた患者で心房細動の発症率に有意な差異はなかった。

 

初回審議において、これら重篤な心房細動のデータがどのように解釈されるべきかについては明らかではない。したがって、FDAは現在の時点で、医療従事者や患者が現在の投薬やビスフォスフォネート剤の使用を変更すべきであるとは考えていない。

[October 2007-Early Communication-FDA]

 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10DNA修復遺伝子の生殖細胞変異は前立腺がんの生存に影...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他