Myfortic (mycophenolic acid)徐放剤タブレット | 海外がん医療情報リファレンス

Myfortic (mycophenolic acid)徐放剤タブレット

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Myfortic (mycophenolic acid)徐放剤タブレット

原文
腫瘍医、産婦人科医、その他の医療従事者および患者向け

 

ノバルティス社とFDAは、妊娠中のMyfortic徐放剤タブレットの使用は流産や出生異常のリスク増加と関連づけられると医療従事者および患者向けに発表した。Myforticの分類はカテゴリーD(胎児へのリスクの肯定的エビデンスがある)に変更された。この変更は、United States National Transplantation Pregnancy Registryによる市販後データ、およびミコフェノール酸モフェチル(MMF)を全身投与された妊婦から追加収集された市販後データによって決定された。MMFは経口/静脈投与後、Myforticの有効成分に変換される。

 

妊娠を予定している患者は、他の免疫抑制剤での治療がうまくいかない場合以外、Myforticを使用すべきではない。医療者はMyforticおよび代替となる免疫抑制療法のリスクとベネフィットを患者と議論すべきである。妊娠の可能性のある女性患者は、Myfortic投与中は避妊カウンセリングを受け、有効な避妊をしなければならない。Myforticは、同種腎臓移植を受けた後の患者に、臓器拒絶反応の予防にシクロスポリン、コルチコステロイドとともに処方される。
[November 2007 – Dear Healthcare Professional letter- Novartis]
[October 2007 – Label – Novartis]
Previous MedWatch Alert: [10/29/2007]

 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  3. 3非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  9. 9FDAがベバシズマブ-awwbをバイオシミラーとして...
  10. 10緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他