フェンタニル経皮システム(商品名Duragesticまたはジェネリック) | 海外がん医療情報リファレンス

フェンタニル経皮システム(商品名Duragesticまたはジェネリック)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

フェンタニル経皮システム(商品名Duragesticまたはジェネリック)

原文
疼痛緩和専門家、その他の医療従事者向け

 

FDAは、フェンタニル経皮システム(パッチ)の適切な処方、投薬量選択および安全な使用法に関する重要情報を強調する文書を最発行した。FDAは、以前にも経皮システムの適切で安全な使用法に関して医療者向けにPublic Health Advisory and Information for Healthcare Professionals in July 2005を発行している。しかしながら、当局には、いまだフェンタニルが疼痛緩和の目的でオピオイドの経験がない患者に投与されたり、オピオイド耐用性の ある患者において処方量以上のパッチを使ったり、パッチの頻繁すぎる交換、またパッチ部分を熱源に近づけるなどしたことによるフェンタニルの過剰投与による死亡および生命を 脅かす有害事象が報告されている。フェンタニルパッチは、継続的な中等度から重度の慢性疼痛患者で、毎日定期的な麻薬性鎮痛剤を服用してから1週間以上経った患者およびオピオイド耐用性とみられる患者に対してのみ適応される。

 

患者は過剰な熱にパッチを決してあてないこと。これをすると、パッチからフェンタニルの放出を促進し、その結果、皮膚を通して致死的な量のフェンタニルが吸収されることになる。フェンタニル過剰投与による死亡および他の重篤な副作用を防ぐため、フェンタニルパッチの使用と処方の指示は厳守されなければならない。
[December 21, 2007 – Public Health Advisory – FDA]
[December 21, 2007 – Information for Healthcare Professionals – FDA]

 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がん...
  7. 7乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  8. 8がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他