ビスフォスフォネート剤(アクトネル、アクトネル+Cal、アレディア、Boniva、ダイドロネル、フォサマックス、フォサマックス+D、Reclast、Skelid、ゾメタ) | 海外がん医療情報リファレンス

ビスフォスフォネート剤(アクトネル、アクトネル+Cal、アレディア、Boniva、ダイドロネル、フォサマックス、フォサマックス+D、Reclast、Skelid、ゾメタ)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ビスフォスフォネート剤(アクトネル、アクトネル+Cal、アレディア、Boniva、ダイドロネル、フォサマックス、フォサマックス+D、Reclast、Skelid、ゾメタ)

原文
整形外科医、その他の医療提供者、および患者向け

 

FDAは、ビスフォスフォネート剤投与患者に発症する、生活に支障をきたす骨、関節、筋肉の痛み(筋骨格系疼痛)を医療従事者に通達した。重度の筋骨格系疼痛については全ビスフォスフォネート剤の処方情報に記載されているが、ビスフォスフォネート剤と重度の筋骨格系疼痛との関連性は医療従事者には見過ごされている可能性があり、診断が遅れたり、疼痛や障害および鎮痛剤使用を長引かせる。重度の筋骨格系疼痛はビスフォスフォネート剤の開始から数日以内で発症する場合もあれば数ヶ月、数年経過後発症することもある。一部の患者はビスフォスフォネート中断後症状が完全になくなるが、緩和に時間を要する場合や完全に緩和されない患者もある。重度のビスフォスフォネート剤関連筋骨格系疼痛の発症の頻度やリスク要因はわかっていない。

 

医療従事者は、この症状を発症している患者において、ビスフォスフォネート剤が重度の筋骨格系疼痛の原因であるかどうかの検討と、一時的または永久的な薬剤中止を考慮すべきである。

[January 07, 2008 – Drug Information page – FDA]

 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  8. 8FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他