フェンタニル経皮システム | 海外がん医療情報リファレンス

フェンタニル経皮システム

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

フェンタニル経皮システム

疼痛管理専門医、リスク管理者、その他の医療従事者、患者向け

 

疼痛緩和専門医、リスク管理者、他の医療従事者、および患者向け
Actavis Inc.社は、AbrikaまたはActavisラベルが添付された米国販売用フェンタニル経皮システムCIIパッチの一部ロットについて全国規模で回収することを発表した。この製品は折り重なった部分のある欠陥商品で、パッチの薬剤漏れなどで患者および介護者の皮膚に直にフェンタニルゲルが触れる可能性がある。フェンタニルゲルの漏れによって、致死的になりうる呼吸抑制、投与量の過剰などの重篤有害事象を引き起こす可能性がある。この回収対象品のロットは、25、50、75、100mcg/hrで、企業のプレスリリースに掲載されている。

 

[February 17, 2008 – Press Release – Actavis]

 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他