微小気泡造影剤(Definityとして流通(Perflutren Lipid Microsphere: ペルフルトレン脂肪ミクロスフェア) )注射懸濁液およびOptison (オプチゾン: Perflutren Protein-Type Aマイクロスフィア注射用) | 海外がん医療情報リファレンス

微小気泡造影剤(Definityとして流通(Perflutren Lipid Microsphere: ペルフルトレン脂肪ミクロスフェア) )注射懸濁液およびOptison (オプチゾン: Perflutren Protein-Type Aマイクロスフィア注射用)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

微小気泡造影剤(Definityとして流通(Perflutren Lipid Microsphere: ペルフルトレン脂肪ミクロスフェア) )注射懸濁液およびOptison (オプチゾン: Perflutren Protein-Type Aマイクロスフィア注射用)

放射線専門医、心臓専門医、および病院リスク管理者向け  
原文
2008年7月17日

FDAは、微小気泡造影剤であるペルフルトレンガス微小気泡滅菌懸濁液の処方情報の「枠囲警告」、「警告」、「禁忌」セクションの最新の改定を医療従事者に通達した。十分な心エコー検査が困難な患者に対して左心室の輝度を上げ左心室内膜の境界を同定しやすくする目的で使用される。これらの改定は、2007年10月に「禁忌」、「警告」セクションに追加事項を加えた後、FDAが情報を得たもので、審議した結論を反映したものである。改定後の「枠囲警告」、「警告」では、これらの製剤を投与後30分間は重篤な心肺反応のリスクがあることを強調し、肺高血圧および心肺状態の不安定な高リスク患者については、これらの造影剤投与後30分以上は注意深く観察することを勧めている。さらに2007年10月にラベルに加えられたいくつかの禁忌事項が削除されている。これは、一部の患者においてDefinityおよびOptisonの使用によって得られる診断情報からの利益が、重篤な心肺反応リスク(これらの反応に対して極めて高リスクである一部の患者においてさえ)を上回るとFDAが判断したためである。

[July 17, 2008 – Information for Healthcare Professionals – FDA]
[June 2008 – Dear Healthcare Professional Letter – GE]
[May 2008 – Dear Healthcare Professional Letter – Lantheus Medical Imaging]

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3卵巣がんの起源部位は卵管であることが示唆される
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他