[ 記事 ]

Phosphocol P 32 (リン酸クロム P32懸濁液:放射性リン酸クロム)

腫瘍医、その他の医療従事者向け

原文

2008年9月18日 Covidien and Mallinckrodt Inc. 社はリン酸クロムP32の処方に関する重要な安全性情報の追加を医療者に通達した。リン酸クロムP32は 転移性疾患によって起こる腹水、胸水に対して承認された腔内点滴である。リン酸クロムP32は特定の状況下において白血病のリスクを増加させることがある。二人の血友病の小児(9歳と14歳)がリン酸クロムP32 (総投与了0.6 と1.5 mCi)の関節内注入を行ったおよそ10カ月後に急性リンパ性白血病を発症した。関節血症の治療に対する関節内注入はこの薬剤の適応ではない。さらに、市販後、P32の腹腔投与後に小腸、盲腸、膀胱における放射性傷害(壊死や線維化)が起こる症例が認められている。医療従事者は、リン酸クロムP32の適正使用に関する改訂後の製品処方情報を参照して最新の情報を入手すべきである。 [August 29, 2008 – Letter – Covidien] [August 2008 – Label – Covidien]

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事