ビスフォスフォネート剤―アレンドロネート、エチドロネート(ダイドロネル)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート(アクトネル、ベネット、Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロン酸(Reclast、ゾメタ) | 海外がん医療情報リファレンス

ビスフォスフォネート剤―アレンドロネート、エチドロネート(ダイドロネル)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート(アクトネル、ベネット、Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロン酸(Reclast、ゾメタ)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ビスフォスフォネート剤―アレンドロネート、エチドロネート(ダイドロネル)、イバンドロネート(Boniva)、パミドロネート(アレディア)、リセドロネート(アクトネル、ベネット、Actonel W/Calcium)、チルドロネート(Skelid)、ゾレドロン酸(Reclast、ゾメタ)

老人病専門医、婦人科医、整形外科医、その他の医療従事者向け

原文
2008年11月12日

FDAはビスフォスフォネート剤を投与されている患者における心房細動のリスク増加の可能性に関する当局安全性審査の最新データを更新した。ビスフォスフォネート剤は、主に骨粗鬆症患者に対する骨量増加および骨折予防や骨のパジェット病患者に対する骨代謝の遅延、また、癌患者に対する骨転移の治療や血中カルシウム値の低減のために用いられる。FDAは、6カ月~3年間のビスフォスフォネート剤投与患者19,687人とプラセボ投与患者18,358人のデータを審査した結果、心房細動の発症は各スタディで稀で、ほとんどのスタディで事象の発生は2人またはそれ以下であった。全スタディをとおして、全ビスフォスフォネート剤使用と重篤および重篤でない心房細動との明らかな関連は認められなかった。さらに、ビスフォスフォネート剤での投与量や治療期間の長さも心房細動と関連はなかった。医療者はビスフォスフォネート剤の処方方法を変更する必要はなく、患者はビスフォスフォネート剤の治療を中止すべきではない。

[November 12, 2008 – Update of Safety Review Follow-up to the October 1, 2007
Early Communication about the Ongoing Safety Review of Bisphosphonates – FDA]

Early Communication of an Ongoing Safety Review:
[October 1, 2007]

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4がんに対する標的光免疫療法の進展
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  7. 7「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  8. 8ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がん...
  9. 9HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  10. 10がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他