超音波とCA125を用いた卵巣癌のスクリーニングは早期および晩期ステージの癌を発見可能であるが、偽陽性も多い | 海外がん医療情報リファレンス

超音波とCA125を用いた卵巣癌のスクリーニングは早期および晩期ステージの癌を発見可能であるが、偽陽性も多い

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

超音波とCA125を用いた卵巣癌のスクリーニングは早期および晩期ステージの癌を発見可能であるが、偽陽性も多い

ファクトシート日本語訳
Ovarian Cancer Screening Using Ultrasound and CA125 Finds both Early and Late Stage Cancers, But Also Many False Positives
NCI PDQ ProfessionalNCI PDQ patients

(Posted: 11/07/2005)現在利用されている経膣超音波や蛋白質バイオマーカーである血中CA-125テストの単独または併用したスクリーニング法により卵巣癌が発見可能であるが、偽陽性の結果も多く、不必要な手術が行われることになるとNCIの新たな試験で示された。

原文掲載日

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他