[ 記事 ]

血管新生阻害薬

米国国立がん研究所(NCI)ファクトシート


〈目次〉

血管新生とは何ですか?

なぜ血管新生はがんにとって重要なのですか?

血管新生阻害薬はどのように作用するのですか?

どのような血管新生阻害薬が人のがん治療に用いられていますか?

血管新生阻害薬には副作用がありますか?


血管新生とは何ですか?

血管新生とは、新しい血管を形成することです。この過程は、血管の内壁を覆う内皮細胞の移動、増殖および分化からなっています。

血管新生の過程は、体内の化学シグナルによって制御されています。血管内皮増殖因子(VEGF)のような、これらの化学シグナルは、正常な内皮細胞の表面にあるレセプターに結合します。VEGFや他の内皮増殖因子が内皮細胞表面にある受容体に結合すると、細胞内にあるシグナルが働き始め、新しい血管の成長と維持が促進されます。血管新生阻害と呼ばれる別の化学シグナルは、血管形成を阻害します。

通常は、これらの化学シグナルによる血管新生の促進効果と阻害効果のバランスが保たれているため、成長や治癒など必要な時に必要な場所でのみ血管が形成されます。しかし、理由は明らかではありませんが、時々これらのシグナルのバランスが崩れてしまうことがあり、これが異常な状態や病気を引き起こす過剰な血管増殖の原因となります。例えば、滲出型加齢黄斑変性は血管新生が原因となっているのです。

なぜ血管新生はがんにとって重要なのですか?

固形腫瘍が数mm以上の大きさに成長するためには血液の供給が必要であることから、血管新生はがんの増殖において重要な役割を果たしています。実際に腫瘍は血管新生を促進する化学シグナルを出すことでこの血液供給を行うことができます。また、腫瘍は近くの正常細胞を刺激して、血管新生のシグナル伝達分子を産生させることもできます。

結果としてできた新しい血管が成長中の腫瘍に酸素と栄養を与えることで、腫瘍が増大し、がん細胞が近くの組織へ侵入したり全身へ移動し、そして転移と呼ばれる新しいがん細胞の巣を形成することが可能になります。

腫瘍は、血液の供給なしでは一定のサイズ以上に増殖したり転移したりすることができないことから、研究者は腫瘍の血管新生を阻止する血管新生阻害薬と呼ばれる薬剤の開発を行ってきました。抗血管新生薬とも呼ばれるこれらの薬剤の目的は、がんが必要とする血液供給を不足させることで、がんの増殖を抑える、あるいは遅らせることです。

血管新生阻害薬はどのように作用するのですか?

血管新生阻害薬は、腫瘍細胞そのものの増殖を妨げるというよりも、腫瘍の増殖を支える血管の成長を妨げることから、特殊な抗がん作用をもつ薬です。

血管新生阻害薬は、血管の成長のさまざまな段階をいくつかの方法で阻害します。その一つにVEGFを特異的に認識して結合するモノクローナル抗体があります。VEGFにこれらの薬剤が結合すると、VEGF受容体を活性化することができなくなります。他の血管新生阻害薬は、VEGFもしくはその受容体はもちろん、内皮細胞表面にある別の受容体やシグナル伝達経路の下流にある別のタンパク質に結合することで、これらの作用を阻害します。血管新生阻害薬の中には、抗血管新生作用も持つ免疫調節薬(免疫系に対し促進または抑制する薬剤)があります。

一部のがんでは、血管新生阻害薬は、他の治療法と組み合わせた時に最も効果が現れます。血管新生阻害薬は、がん細胞を殺すことなく腫瘍の成長を遅らせる、あるいは止めるように作用することから、長期間にわたって投与されます。

どのような血管新生阻害薬が人のがん治療に用いられていますか?

米国食品医薬品局(FDA)は、多くの血管新生阻害薬をがん治療薬として承認しています。その多くが、VEGF、およびその他の受容体、あるいは血管新生に関係している他の特定の分子を標的として特化して開発された分子標的療法薬です。承認された血管新生阻害薬には下記のものがあります。

アキシチニブ(商品名:インライタ)

ベバシズマブ(商品名:アバスチン)

カボザンチニブ(商品名:コメトリク)

エベロリムス(商品名:アフィニトール)

レナリドミド(商品名:レブラミド)

レンバチニブメシル酸塩(商品名:レンビマ)

パゾパニブ(商品名:ヴォトリエント)

ラムシルマブ(商品名:サイラムザ)

レゴラフェニブ(商品名:スチバーガ)

ソラフェニブ(商品名:ネクサバール)

スニチニブ(商品名:スーテント)

サリドマイド(商品名:シノビール、サロミド)

バンデタニブ(商品名:カプレルサ)

ジブ−アフリベルセプト(商品名:ザルトラップ)

 

血管新生阻害薬には副作用がありますか?

VEGFを標的とした血管新生阻害薬による治療の副作用としては、出血、(脳卒中や心臓発作の原因となる)動脈の血栓、高血圧、創傷治癒障害、可逆性後白質脳症症候群(脳の障害)および蛋白尿があります。消化管穿孔および消化管瘻も、まれに一部の血管新生阻害薬の副作用として認められます。

VEGFレセプターを標的とした血管新生阻害薬では、倦怠感、下痢、生化学的甲状腺機能低下、手足症候群、心不全および毛髪変化などのさらなる副作用が認められます。

血管新生阻害薬の臨床試験を探すサポート

血管新生阻害薬の臨床試験についての情報は、NCIコンタクトセンター、1–800–4–CANCER (1–800–422–6237)にお問い合わせください。

 

翻訳田村 克代

監修峯野 知子(薬学・分子薬化学/高崎健康福祉大学)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事