レトロゾール+パルボシクリブでの術前薬物療法はルミナル乳がんで改善を示さず | 海外がん医療情報リファレンス

レトロゾール+パルボシクリブでの術前薬物療法はルミナル乳がんで改善を示さず

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

レトロゾール+パルボシクリブでの術前薬物療法はルミナル乳がんで改善を示さず

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ESMO2017

ルミナル乳がんにおいてレトロゾールとパルボシクリブによる術前薬物療法の病理学的奏効率は低いが、その臨床結果は有望である。

 

2017年欧州臨床腫瘍学会年次総会(スペイン、マドリッド開催)で発表されたUNICANCER-NeoPAL試験の結果によると、ルミナル乳がん(LBC)女性患者の術前薬物療法としてレトロゾールとパルボシクリブの併用は、第三世代化学療法を上回る残存腫瘍量(RCB)または乳房温存手術(BCS)割合の改善を示さなかった。

 

レトロゾールとパルボシクリブの併用は、エストロゲン受容体(ER)陽性、ヒト上皮成長因子受容体2(HER 2)陰性転移性乳がんである閉経後の女性患者に臨床的ベネフィットを示したため、この設定における治療に対して米国食品医薬品局は迅速承認した。

 

過去には、Institute Curi(フランス、パリ)腫瘍内科Paul Cottu氏が主導する研究チームによるランダム化並行第2相試験において、LBC患者における術前薬物化学療法の限定的効果が示されている。同試験は、LBCに対する術前薬物療法としてレトロゾール+パルボシクリブ併用レジメンを検証するものである。

 

試験では、乳房温存手術(BCS)の適応ではなかったステージ2または3のER陽性、HER2陰性乳がんの閉経後女性を登録した。患者登録の条件は、PAM50(Predictor Analysis of Microarray 50:50遺伝子によるマイクロアレイ分析予測)分類によるルミナルB型、またはリンパ節転移が判明しているルミナルA型のいずれかであることであった。スクリーニングされた女性184人のうち、ステージ2A、3A、PAM50によりLBCと分類された106人の患者を、

(1)3サイクルのFEC100、3サイクルのドセタキセル100からなる第3世代化学療法6コース、(2)レトロゾール2.5mg/日を19週間およびパルボシリブ125mg/日を3週間4サイクル

のいずれかに1:1の割合で無作為に割り付けた。手術は20週目に行った。

 

主要評価項目は各施設で評価された残存腫瘍量(RCB)割合であり、副次評価項目は、安全性、奏効率、PAM50再発リスク(ROR)で定義づけられた正と負の予測値、中央施設で審査したRCB、および乳房温存手術(BCS)割合であった。

 

患者のうち73%がT1-2、27%がT3、26.5%がリンパ節陽性に分類され、89%がルミナルB型腫瘍であった。RORスコアの中央値は68(範囲22〜93)であった。

 

このプロトコルは、レトロゾール+パルボシクリブ併用群の患者30人において局所RCB 0-I事象5件以下(16.7%)がみとめられた時点で、無益であるとして試験を中止することとして計画した。

 

レトロゾール+パルボシクリブ併用療法と化学療法とで、同様の臨床的奏効率および乳房温存手術割合がみとめられた。

 

中間解析では、RCB 0-Iがレトロゾール+パルボシクリブ併用群患者1人でみとめられ、試験登録を中止した。

 

最終解析において、局所RCB 0、I、IIおよびIIIが確認された割合は、レトロゾール+パルボシクリブ併用群ではそれぞれ3.8%、3.8%、52%、40.4%、化学療法群では5.9%、9.8%、37.3%、47.1%であった。中央および各施設でのRCB評価結果は同一であった。

 

RORスコアではRCB 0 / Iを予測できなかった。

 

術前薬物療法としてのレトロゾール+パルボシクリブ併用療法群および化学療法群における割合は、同様であった。すなわち、臨床上の客観的奏効率は74.5%対76%、BCS割合は69.2%対68.6%であった。

 

最終的なKi67値の中央値は、レトロゾール+パルボシクリブ併用群において有意に低かった。すなわち、Ki67値は化学療法群の8%(範囲2〜15)に対してレトロゾール+パルボシクリブ併用群では3%(範囲1〜40)であった(p = 0.017)。

 

化学療法群で重度の有害事象が17人にみとめられたのに対し、レトロゾール+パルボシクリブ併用群では2人でしかみとめられず、化学療法群よりも良好な忍容性を示した(p < 0.001)。

 

結論

レトロゾール+パルボシリブ併用による術前薬物療法は化学療法よりもわずかに低いpCR / RCB 0-I割合を示したが、臨床的奏効率およびBCS割合は両群で同等であった。

 

しかし、レトロゾール+パルボシクリブ併用群の安全性プロファイルはより良好であった。

 

研究者はこれらのデータの詳細分析を継続している。

 

開示

本試験はPfizer社、 Nanostring社から資金提供された。

 

参考文献

LBA9 – Cottu P, et al. Letrozole and palbociclib versus 3rd generation chemotherapy as neoadjuvant treatment of luminal breast cancer. Results of the UNICANCER-NeoPAL study.

原文掲載日

翻訳有田香名美

監修下村昭彦(乳腺・腫瘍内科/国立がん研究センター中央病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3卵巣がんの起源部位は卵管であることが示唆される
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他