白血病薬イマチニブの長期結果とがん治療の革新 | 海外がん医療情報リファレンス

白血病薬イマチニブの長期結果とがん治療の革新

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

白血病薬イマチニブの長期結果とがん治療の革新

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)

がん領域における概念の変化

約11年間の追跡の結果、イマチニブによる長期治療によって慢性骨髄性白血病(CML)が長期間制御され、蓄積毒性作用や遅発性毒性作用も認めないことが示された。2017年3月9日にNew England Journal of Medicine (NEJM)誌で発表されたIRIS試験の結果について、Dan Longo氏は「がん治癒への道のりは始まったばかりですが、CML治療に対するイマチニブの使用が、がん領域の新たな方向性を示しました」とコメントした。

 

付随の解説では、さまざまながん種に対する治療法の成功例について取り上げている。例えば、小児の急性白血病、数種類のリンパ腫、精巣がんは、多くの場合治癒可能になった。術後化学療法によって、早期乳がん患者の生存期間が延長した。化学療法の基本原理は、分裂細胞を標的とすることである。しかし、その他のがん種の患者に化学療法を用いる試みでは、治癒に至ることはまれで毒性作用をもたらす結果となっている。乳がんおよび前立腺がんは、さらにホルモン療法感受性がある。

 

CMLに対する研究成果によって、タンパク質チロシンキナーゼを阻害できる多くの薬剤がもたらされた。イマチニブは、in vitroおよびマウスでの実験において、ウイルス性がん遺伝子v-ablおよび血小板由来成長因子受容体の活性を抑制した。また、BCR-ABL陽性細胞の増殖も阻害した。その後、Druker氏らが、イマチニブを投与したCML患者を対象とした第1相試験のデータを報告した。血液学的完全寛解は患者54人中53人に認められ、7人の患者においてはフィラデルフィア染色体が検出されなかった。がん領域におけるその他の薬剤では、このような成果は挙げられていなかった。

 

それから10年後に、IRIS試験の試験責任医師は、イマチニブ群の患者では生存率が83%であると報告している。本試験の期間中に、イマチニブ群患者の83%で細胞遺伝学的完全寛解が得られた。患者の約5人に1人が、1年以上安定した深い分子遺伝学的寛解を得た。治療を中止した患者の約40%において3年以上寛解が持続し、残りの患者は再発した。このように、イマチニブは長期間のCMLの抑制に大きな成功を収めたが、治癒したと考えられる患者はいたとしてもわずかであると考えられる。

 

同解説において、Dan Longo氏は次のように書いた。「イマチニブの開発は、がん領域を根本的に変えました。分裂細胞に作用する薬剤から、がん種ごとの生態を理解することに優先順位が変わりました。ひとたび腫瘍の遺伝子解析が始まると、その複雑さががんの疾病分類学における変革を引き起こしたのです」。

 

実際に、分子レベルでのがんの解析や、ドライバー変異を阻害することが可能な経口抗がん剤の開発は、がん領域における概念の変化を示している。腫瘍の不均一性や耐性のメカニズムによって、いまだ治療法の進歩が制限されているが、リキッドバイオプシーは、治療に対する腫瘍の適応を検出、予測し、二次治療の選択に役立つ可能性がある。治療決定のための遺伝子に関する指針の上には、さまざまながん種に対する免疫療法における近年の目覚ましい進歩がある。

 

一般的ながんの予後は改善しているが、新たな治療法はどれも、大多数の患者を治癒させるとは考えられない。しかし、腫瘍の発生機序を理解することで毒性が低く、より効果的な治療法につながる可能性があり、標的の同定、耐性の分子レベルでのメカニズム解明、新世代の抗がん剤の開発、別の標的との治療法の組み合わせ、治療が奏効しやすい患者の同定がいかに重要かということが、イマチニブの研究結果によって示された。

 

参考文献:Longo DL. Imatinib Changed Everything. N Engl J Med 2017; 376:982-983.

原文掲載日

翻訳生田亜以子

監修喜安純一 (飯塚病院、 血液内科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  8. 8HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他