転移腎細胞がんにアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法は有効 | 海外がん医療情報リファレンス

転移腎細胞がんにアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法は有効

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

転移腎細胞がんにアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法は有効

欧州臨床腫瘍学会(ESMO) 泌尿生殖器がんシンポジウム2017

未治療の転移性腎臓がんにatezolizumab[アテゾリズマブ]とベバシズマブが、有効性および管理可能な安全性プロファイルが示される

 

2017年2月18日、Roche社はIMmotion150試験に関する有望な結果を発表した。第2相試験であるIMmotion150試験は未治療の局所進行または転移性の腎細胞がん(mRCC)患者を対象とし、アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与、アテゾリズマブ単独投与、およびスニチニブ単独投与を比較した。これらの結果は2017年泌尿生殖器がんシンポジウム(2月16~18日、オーランド、米国)で発表された。IMmotion150試験は、mRCCに対し、アテゾリズマブ+ベバシズマブの併用投与を評価した最初のランダム化比較試験である。本試験は、この併用療法に関する今後の臨床開発についての情報提供のためにデザインされており、本試験結果は、未治療の局所進行または転移性腎細胞がんに対するこの併用療法の可能性を高めるものである。

 

血管内皮細胞増殖因子(VEGF)を標的とすることでmRCC患者の転帰は改善するが、ほぼ必ず、多くの場合、治療開始後1年以内に耐性が生じることを著者らは研究背景で説明した。

 

IMmotion150試験は、未治療の局所進行/転移性RCC患者305人を対象とした国際多施設共同非盲検ランダム化第2相試験であり、アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与(A群)、アテゾリズマブ単独投与(B群)、およびスニチニブ単独投与(C群)の有効性と安全性を評価するためにデザインされた。A群の患者には6週間サイクルで3週間ごとにアテゾリズマブ1,200mg+ベバシズマブ15mgの静脈内投与を疾患増悪あるいは臨床的有用性がないことを確認するまで続けた。B群の患者にはアテゾリズマブを単独で(疾患増悪あるいは臨床的有用性がないことを確認するまで)投与し、C群の患者にはスニチニブ50mgの連日経口投与を4週間行った後に2週間の休薬期間を設け、この6週間のサイクルを疾患増悪まで続けた。

 

複合主要評価項目は、ランダム化した患者全員(ITT集団)およびPD-L1発現陽性(IC1/2/3)を確認した患者集団における無増悪生存(PFS)とした。PFSは、独立評価機関により固形がんの治療効果判定のための新ガイドライン改訂版1.1(RECIST v.1.1)の規定に基づき評価したものとした。腫瘍浸潤免疫細胞(IC)上のPD-L1の発現は、Roche Tissue Diagnostics社が開発中のSP142抗体を用いた免疫組織化学法(IHC)検査を用いて評価した。副次的評価項目には、独立評価機関が評価した全奏効率(ORR)および奏効期間(DoR)、試験担当医師の評価によるPFS、ORR、DoR、および安全性、ならびに全生存期間(OS)を含めた。

 

本試験において、PD-L1発現陽性集団では、アテゾリズマブ+ベバシズマブの併用投与を受けた患者は、スニチニブ単独投与を受けている患者と比較した場合、疾患増悪あるいは死亡のリスクが36%低下したことが明らかになった(PFSの中央値、14.7カ月 対 7.8カ月;HR= 0.64; 95% CI 0.38, 1.08)。ITT集団では、スニチニブ単独投与と比較した場合、アテゾリズマブ+ベバシズマブの併用投与にPFS上の有益性は認められなかった(PFSの中央値、11.7カ月 対 8.4カ月; HR = 1.00; 95% CI 0.69, 1.45)。20.7カ月の追跡調査後も、全治療群でDoRの中央値に到達していなかった。

 

IMmotion 150試験ではクロスオーバーを予定していた。スニチニブ投与を受けた患者(C群)の3/4以上(78%)で増悪が認められ、その患者にアテゾリズマブ+ベバシズマブの併用投与(A群)を行った。

 

解析時に死亡例は35%しか発生しておらず、OSの結果はまだ得られなかった。

 

アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与群で認められた有害事象は、アテゾリズマブとベバシズマブそれぞれに関する先行研究で認められたものと一致していた。新たな安全性シグナルは同定されなかった。あらゆるグレードの治療に関連した有害事象の発生率は群間でほぼ同じであった。もっとも高頻度にみられ、アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与群患者の20%超で発生し、スニチニブ投与群と比較して発生率が5%以上高かった有害事象は、関節痛(38%)、蛋白尿(36%)、鼻出血(28%)、およびそう痒(かゆみ)(22%)などであった。治療との関連性を考慮しなかった場合のグレード3/4の有害事象の発生頻度は、アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与群(63%)とスニチニブ投与群(69%)の患者間でほぼ同じであった。治療に関連したグレード3/4の有害事象は、アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与群の40%、スニチニブ投与群の57%で報告された。アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与群の患者1人が頭蓋内出血を発症し、それにより死亡した。アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用投与群の患者101人のうち15人(15%)が有害事象のために治療を中断した。

 

また、Roche社は未治療の局所進行または転移性のRCC患者を対象とした第3相試験(IMmotion151試験)においてアテゾリズマブ+ベバシズマブの併用投与とスニチニブ投与の比較評価を現在行っている。RCCに対する補助療法としてのアテゾリズマブについての試験の組み入れは2017年初めに開始した。

 

参考文献

McDermott DF, Atkins MB, Motzer RJ, et al.A phase II study of atezolizumab (atezo) with or without bevacizumab (bev) versus sunitinib (sun) in untreated metastatic renal cell carcinoma (mRCC) patients (pts).J Clin Oncol 35, 2017 (suppl 6S; abstract 431)

原文掲載日

翻訳三浦 恵子

監修林 正樹(血液・腫瘍内科/社会医療法人敬愛会中頭病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  8. 8HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他