喫煙が外見に及ぼす影響―2016年11-12月号 | 海外がん医療情報リファレンス

喫煙が外見に及ぼす影響―2016年11-12月号

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

喫煙が外見に及ぼす影響―2016年11-12月号

MDアンダーソン 月刊OncoLog誌11-12月号

MDアンダーソン OncoLog 2016年11-12月号(Volume 61 / Issue 11-12)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL

 

喫煙が外見に及ぼす影響

喫煙は早期老化などの美容上の問題を引き起こす

喫煙が肺がんや、口腔、咽喉、肝臓、腎臓、膵臓、大腸など多くの臓器のがんを引き起こすことを聞いたことがあるだろう。

 

また、喫煙が心疾患、リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)の問題、気管支炎や肺気腫といった呼吸障害など健康上の問題を引き起こすことも知っているだろう。だが、喫煙が外見にも影響を及ぼすことは知っていただろうか?

 

早期老化

 

喫煙者は若いうちから顔にしわができる可能性が非喫煙者に比べ2~3倍にもなる。喫煙は肌の弾力と潤いを奪い、肌をくすませ、しわや溝をつくる。これは主として喫煙の血管収縮作用や皮膚乾燥作用によるが、喫煙動作それ自体、すなわち目をすがめる動作や口をすぼめる動作も、目や上唇の周りにしわが刻まれる原因と考えられる。喫煙者はタバコを繰り返し口にくわえるため、頬がこけてきて、やつれた顔つきになることもある。

 

このような喫煙の早期老化作用は、日光曝露より劇的でさえある。喫煙の老化作用は20~30歳の若いうちから目に見えるようになり、40歳になる頃には60歳の非喫煙者と同じだけの多くのしわができてしまうこともある。

 

口腔衛生不良

 

喫煙は口腔内に大きなダメージを与える。タバコの煙は口臭や、歯・歯肉の色素沈着の原因になり、特にタバコの煙により歯肉が暗い色になることは「喫煙者のメラノーシス」と呼ばれている。喫煙によるその他の美容上の影響には「喫煙者の舌」があり、舌の上に見られる白色の点や斑を特徴とする。これと似た影響は「喫煙者の口蓋」で、ニコチン口内炎とも呼ばれ、口の屋根(口蓋)に見られる赤色の隆起を伴う灰白色の斑を特徴とする。

 

タバコの煙は歯肉組織の感染防御能も低下させるため、喫煙者では歯周炎(歯の周りの組織の炎症)のリスクが高まり、歯肉の腫れや歯の喪失につながることがある。喫煙者は非喫煙者より歯周炎を発症しやすいだけでなく、治療の効果が非喫煙者より劣る傾向もある。

 

また、歯科インプラントによる合併症リスクも喫煙者のほうが高く、喫煙量が多いほど歯科インプラントの失敗リスクが高くなりやすい。

 

歯科の問題は外見に影響を及ぼすだけでなく、発話や摂食の能力にも影響を及ぼしうる。このような歯科の問題が治療可能な場合でも、喫煙者は歯科受診を何度も余儀なくされることがある。

 

その他の影響

 

喫煙は、早期老化や歯科の問題の他にも、外見に影響するいくつかの状態と関連する。

 

乾癬

 

喫煙者は乾癬(不快で見た目の悪い鱗状皮疹を特徴とする慢性皮膚病)の発症リスクが非喫煙者の約2倍である。また、喫煙者における乾癬の重症度は非喫煙者より高い傾向がある。

 

腹部脂肪

 

タバコの煙に含まれる化学物質の影響により、脂肪が臀部ではなく腹部周囲など上部胴体に蓄積する。その結果、喫煙者の腹部と臀部の周囲長の比(腹囲/臀囲比)は非喫煙者より大きいことが多い。これは、腹周りに贅肉をつけるだけでなく、糖尿病と心疾患のリスクも上昇させる。

 

にきび

 

喫煙者は、非喫煙者と比較して、重症度のより高いにきびをより高頻度に発症し、治癒までにより長い期間を要する。

 

頭髪へのダメージ

 

タバコの煙は血行低下、また毛包のDNA損傷により頭髪にも影響を及ぼす。その結果、頭髪の色が変わり、薄毛になり、若白髪が生え、冴えない外見になる。

 

手指の色素沈着

 

喫煙者はタバコを持つ指や爪が黄色く変色する傾向がある。

 

多くの喫煙者において、喫煙が外見に及ぼす影響は、禁煙を決心する上で重要な役割を果たす。禁煙を行うことで、がんなどの生命を脅かす病態のリスクを低下させ、外見への蓄積的なダメージを抑止することができる。

 

—– E. Nielsen

 

For more information, talk to your physician or call askMDAnderson at 877-632-6789. MD Anderson’s Tobacco Treatment Program can be reached at 713-792-QUIT or 866-245-0862. You can also visit www.mdanderson.org or www.cancer.org/healthy/stayawayfromtobacco.

 

 

 

 

 

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

原文掲載日

翻訳永瀬祐子

監修前田 梓(医学生物物理学/トロント大学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  9. 9免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  10. 10専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他