[ 記事 ]

BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬治療前にB型肝炎ウイルス検査

BCR-ABL標的チロシンキナーゼ阻害薬治療前に、B型肝炎ウイルス検査が必要

 

2016年8月17日、治療的製品(医薬製品と医療機器)の承認と監視を行うスイス規制当局のSwissmedicが発表したところによれば、BCR-ABL標的チロシンキナーゼ阻害薬であるボスチニブ (商品名:Bosulif)、ドダサチニブ(商品名:Sprycel)、イマチニブ(商品名:Gleevec、Glivec GIST、Imatinib Sandoz、 Imatinib Teva、Imatinib Zentiva)、ニロチニブ(商品名:Tasigna)、ponatinib [ポナチニブ](商品名:Iclusig)の各医療品市販承認取得者が、上記薬剤治療後にB型肝炎ウイルス(HBV)再燃の潜在的リスクについて情報を提供した。

 

慢性B型肝炎ウイルスキャリアの患者で、BCR-ABL標的チロシンキナーゼ阻害薬投与後に、B型肝炎ウイルスが再燃した症例があった。B型肝炎ウイルスの再燃した一部の症例では、急性肝不全や劇症肝炎を誘発し、その後、肝移植や死亡に至った。

 

推奨事項

BCR-ABL標的チロシンキナーゼ阻害薬による治療開始前に、B型肝炎ウイルス感染症の有無を検査すべきである。

 

血清学的にB型肝炎ウイルス陽性(活動性病態を含む)の患者については、投与中 にB型肝炎ウイルス感染症の徴候を調べる検査が陽性となった患者も含め、BCR-ABL標的チロシンキナーゼ阻害薬による治療開始前に、B型肝炎ウイルス感染症の治療経験がある肝臓疾患領域の専門医に相談 するべきである。

 

BCR-ABL標的チロシンキナーゼ阻害薬による治療が必要なB型肝炎ウイルスキャリア患者に対して、治療期間中、および治療中止後の数カ月間は、B型肝炎ウイルス感染症の徴候や症状がないかどうか綿密に監視すべきである。

 

BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬の医療品市販承認取得者は、Ariad Pharmaceuticals (Europe) 社、Bristol-Myers Squibb 社、 Novartis Pharma Switzerland 社、Pfizer社、Helvepharm 社、Sandoz Pharmaceuticals 社 、Teva Pharma 社である。

翻訳松川深玲

監修北尾章人(血液・腫瘍内科/神戸大学大学院医学研究科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事