[ ドキュメント ]

口、喉の痛みについて知っておくべきこと[放射線療法の解説シート]

-NCI原文-

*日本語電子書籍を発行しました。こちらから。

 

十分に口内のケアをしましょう

治療を受ける前に

・ 最初の治療を受ける少なくとも2週間前までに歯医者に診てもらって下さい。歯科医には、これから放射線治療を受けることを説明して下さい。

治療が始まったら

・ 毎日口の中をチェックして、何か変化がないか調べる。
・ 柔らかく清潔な歯ブラシで、歯や歯茎および舌をやさしく磨く。
・ 毎回食事の後と、就寝前には歯を磨く。
・ 口の中や喉を湿しておくため、水を少し飲んだり氷のかけらを口にする。

 

日中1~2時間ごとに

・ ぬるま湯1カップに小さじ1/4の重曹、小さじ1/8の塩を溶かしたもので口をゆすぎます。口内洗浄後、吐き出して下さい。
・ 医師や看護師に、他に使用すべき口内洗浄剤があれば書いてもらいましょう。

 

もし口内や喉に何か変化があれば、医師か看護師に話しましょう。

 

ものを食べやすくするアイデア

・ 食べ物をすりつぶすか、小さく切る。
・ グレイビーソースやスープをかけて食べ物をやわらかく湿った状態にする。
・ 飲みものはストローで飲む。
・ 食べ物は熱くするのではなく、暖かい程度にする。
・ 柔らかいものを食べる。例えば調理したシリアルやマカロニ、マッシュポテト、スクランブルエッグ、ヨーグルトなど。
・ ミキサーを使ってミルクシェイクを作ったり、食べ物を混ぜたりする。

 

してはいけないこと

・ アルコールや酸っぱい飲み物をとらない。
・ スパイスの効いた食べ物、塩辛いもの、砂糖をたくさん使った食べ物はやめる。硬くとがった食べ物、例えばポテトチップスは口内を傷つける場合があるので食べない。
・ 煙草は吸わない。紙巻たばこ、パイプ、葉巻、噛み煙草などいずれもとらない。

 

喉の痛みや熱感を和らげるアイデア

・ 飲食するときは、まっすぐ座って頭を軽く前に倒しながら食べる。
・ 食後少なくとも30分は、起きて座っているか立っている。

 

医師や看護師に尋ねること

1 口内や喉にどういう問題が起これば伝えるべきか。
2 実際にどんな風にうがいをするか。
3 痛みをとるためにどんな薬をとるべきか。

 

飲食の際に、飲み込みにくい、むせそうだ、もしくは咳が出るなどの場合は医師か看護師に伝えて下さい。

 

******

 

中島美香 訳
中村光宏 (医学放射線) 監

翻訳中島美香

監修中村光宏 (医学放射線)

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事