胃がん術後化学放射線療法は、標準療法と比較し転帰改善せず | 海外がん医療情報リファレンス

胃がん術後化学放射線療法は、標準療法と比較し転帰改善せず

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

胃がん術後化学放射線療法は、標準療法と比較し転帰改善せず

欧州臨床腫瘍学会(ESMO) プレスリリース

 

第3相試験では全生存率に有意差は認められない

 

第3相試験の結果から、術前化学療法を既に受けた胃がん患者において、化学放射線療法による術後の強化療法は術後化学療法と比較した場合、転帰が改善しないことが、スペインのバルセロナで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)第18回世界消化器がん学会で発表された。

 

オランダがん研究所の臨床試験責任医師であるMarcel Verheij教授は、「術前化学療法後に術後化学放射線療法を実施する根拠は、全身および局所治療を組み合わせることにより疾患再発のリスクを抑え、転帰を改善するためです」と述べた。

 

周術期(術前および術後)化学療法は、現時点の胃がんの標準治療であるが、これまでに実施された試験では、術後の化学放射線療法単独により周術期化学療法と同程度に転帰が改善する可能性があることが示唆されている。

 

この第3相試験では、ステージ1bから4aの切除可能な胃がん患者788人を事前に無作為にグループ分けし、全員にエピルビシン、白金化合物(シスプラチンまたはオキサリプラチン)およびカペシタビンの3コースで構成された術前化学療法を実施した。

 

外科手術後、標準治療群に割り付けられた患者には、同じ化学療法のレジメンを追加で3コース継続し、もう一方の群には、化学放射線療法(45 Gyを25分割)をシスプラチン週1回投与およびカペシタビン毎日投与を併せて実施した。

 

5年生存率は化学療法群で40.8%、化学放射線療法群で40.9%であり、両治療群の有効性は同等であることが判明した。

 

グレード3以上の血液学的有害事象の発現率は、化学療法群の方が高かったが(44% vs. 37%)、胃腸の有害事象の発現率は、化学放射線療法の群の方が高かった(42% vs. 37%)。

 

試験の外科手術の質は非常に高かったが、研究者らは、化学療法または化学放射線療法の治療コースを開始または完了できなかった患者が相当数いた(化学療法群52%、化学放射線療法47%)ことを指摘した。

 

Verheij教授は、研究チームは術後化学放射線療法群では周術期化学療法群と比較して転帰が改善すると予測したが、サブグループ解析により、いずれかの治療法で利益が得られる特定の患者集団を確認できる可能性があると述べた。

 

Instituto CUF de Oncologia(リスボン、ポルトガル)のDirk Arnold氏はこの所見について、「胃切除後の術後治療が有効な患者は非常に限られていることは既知であり、術後の強化療法は正しい戦略ではないかもしれません」と述べた。

 

Arnold氏はまた、「術後化学放射線療法の治療アプローチにより利益が得られるサブグループがみつけられたとしても、治療戦略としては術前の強化療法を促進するべきであり、すでに実施されている他の試験では、術前に、化学放射線療法を含むさまざまな治療アプローチを標準化学療法単独と比較して評価しています」と述べた。

 

参考文献
1. LBA-02: A multicenter randomized phase III trial of neo-adjuvant chemotherapy followed by surgery and chemotherapy or by surgery and chemoradiotherapy in resectable gastric cancer: First results from the CRITICS study will be presented by Marcel Verheij during Session VI: Gastric Cancer on Thursday, 30 June 2016, 11:30 (CEST).

 

原文掲載日

翻訳喜多洋子

監修畑 啓昭(消化器外科/京都医療センター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3個別化医療(Precision Medicine)に...
  4. 4アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  7. 7リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  8. 8ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他