ニボルマブが再発、転移した頭頸部扁平上皮がん患者の生存期間を延長 | 海外がん医療情報リファレンス

ニボルマブが再発、転移した頭頸部扁平上皮がん患者の生存期間を延長

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ニボルマブが再発、転移した頭頸部扁平上皮がん患者の生存期間を延長

米国がん学会(AACR)

免疫療法薬ニボルマブ(オプジーボ)による治療は、試験責任医師が選択した単剤化学療法と比較して、プラチナベースの化学療法後に進行した再発または転移性頭頸部扁平上皮がん患者の生存期間を延長した。これは、米国がん学会年次総会(2016年4月16日~20日開催)で発表されたCheckMate-141第3相臨床試験の結果である。

 

「プラチナベースの化学療法が奏効しない再発または転移性頭頸部扁平上皮がんは、非常に速く進行し、患者の予後は極めて不良です。通常は単剤化学療法を行いますが、この患者集団の生存期間を延長する治療法はこれまでありませんでした。新しい治療選択肢が切望されています」と、オハイオ州立大学総合がんセンターArthur G. James Cancer Hospital and Richard J. Solove Research Institute (OSUCCC-James)の内科教授Maura L. Gillison 医学博士は語った。

 

「本試験は、プラチナ製剤に反応しない再発または転移性頭頸部扁平上皮がん患者の全生存期間が延長することを明白に示した、初のランダム化臨床試験です。われわれは、今回の結果によりニボルマブが、この患者集団に対する新たな標準治療選択肢となり、膨大なアンメットニーズ(現時点で満たされていない要望)を満たすものと期待しています」。

 

CheckMate-141試験は、PD-1阻害薬ニボルマブが、プラチナ製剤に反応しない再発または転移性頭頸部扁平上皮がん患者の全生存期間を延長するかについて調べた第3相ランダム化臨床試験であり、よく使用されるドセタキセル、メトトレキサート、セツキシマブのうち、試験責任医師が選択するいずれかの薬剤と比較検討することを目的とした。

 

本試験に登録した361人のうち、240人をニボルマブ群に、121人を試験責任医師が選択する単剤化学療法群に無作為に割りつけた。

 

218件の事象が確認された時点で実施された中間解析では、ニボルマブ群の死亡リスクが、単剤化学療法群と比較して30%低下したことが判明した。全生存期間の中央値は、ニボルマブ群が7.5カ月であったのに対し、単剤化学療法群は5.1カ月であった。12カ月の時点では、ニボルマブ群の36%が生存していたのに対し、単剤化学療法群の生存率は17%であった。

 

特に中咽頭(舌の付け根と扁桃腺を含む喉の奥の部位)に生じるものなど特定のタイプの頭頸部扁平上皮がんでは、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染との関連がみられたため、試験責任医師らは患者の腫瘍についてHPVの有無に関するデータも評価した。

全生存期間に対するニボルマブの効果は、HPV陽性および陰性の頭頸部扁平上皮がん患者でみられた。HPV陽性患者では、ニボルマブ群の全生存期間の中央値が9.1カ月であったのに対して、単剤化学療法群では4.4カ月であった。HPV陰性患者では、ニボルマブ群の全生存期間の中央値が7.5カ月であったのに対して、単剤化学療法群では5.8カ月であった。

 

ニボルマブ群における延命効果は全試験集団でみとめられた。探索的解析では、ニボルマブ群のうち、1%以上の腫瘍細胞でPD‐L1の発現がみられる患者やHPV陽性患者で、延命効果がより大きいことを示した。

 

「全体的に、われわれのデータは非常に胸躍るものです。本臨床試験は頭頸部扁平上皮がんが免疫療法に反応することを立証しました。これは、本疾患の患者が免疫療法によって受ける将来的な恩恵の、氷山の一角にすぎないと期待しています」とGillison医学博士は述べた。

 

本試験はBristol-Meyers Squibb社の資金提供を受けた。本試験におけるGillison医学博士の活動についてはOral Cancer Foundation(口腔がん協会)が部分的に資金を提供した。Gillison医学博士はこの1年間、Bristol-Meyers Squibb社、Eli Lilly社、Merck社の顧問を務めた。

 

 

原文掲載日

翻訳有田香名美

監修北丸綾子(分子生物学/理学博士)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  7. 7リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  8. 8非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  9. 9ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他