多発性骨髄腫に対する3種類の新薬を承認 | 海外がん医療情報リファレンス

多発性骨髄腫に対する3種類の新薬を承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

多発性骨髄腫に対する3種類の新薬を承認

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~

原文掲載日:2016年1月6日

 

米国食品医薬品局(FDA)は、前治療後に再発した多発性骨髄腫に対する3種類の新薬を承認した。

 

11月6日、FDAはdaratumumab[ダラツムマブ](商品名Darzalex)を3種類以上の前治療を受けた患者を対象に承認した。そして、11月20日、ixazomib[イキサゾミブ](商品名Ninlaro)を1種類以上の前治療後再発した多発性骨髄腫患者を対象に承認、11月30日にはelotuzumab[エロツズマブ](商品名Empliciti)を1~3種類の前治療を受けた患者を対象に承認した。

 

米国がん研究所(NCI)がん研究センター、リンパ系腫瘍部門のMark Roschewski医師は説明した。「ほとんどの骨髄腫では再発がみられます。初回治療後、長期寛解を得られる患者もいますが、今日、治癒を得られる患者はほとんどいません」。

 

プロテアソーム阻害薬であるイキサゾミブは、722人の患者が参加した大規模ランダム化臨床試験において、イキサゾミブとレナリドミド+デキサメタゾンの併用群で、レナリドミド+デキサメタゾン併用群に比べて長い無増悪生存期間中央値を示した(20.6カ月対14.7カ月)という結果に基づいて承認された。

 

「多発性骨髄腫を適応としたプロテアソーム阻害薬はすでに2剤が承認されていますが(ボルテゾミブとカルフィルゾミブ)」、Roschewski医師は言った。「本剤は経口投与が可能な初めての薬剤ですのでこれは非常に重要な進化です」。

 

ダラツムマブは、2件の単一群試験に基づいて承認された。最初の試験では、対象患者群の29%において、完全または部分的な抗腫瘍効果が、中央値で7.4カ月間維持された。2番目の試験では、対象患者群の36%において完全または部分的な抗腫瘍効果がみられた。

 

エロツムマブは、前治療で奏効しなかった、または再発した骨髄腫患者646人が参加したランダム化臨床試験の結果に基づいて承認された。エロツムマブとレナリドミド+デキサメタゾンの併用群ではレナリドミド+デキサメタゾン併用群に比べて長い無増悪生存期間中央値を示した(19.4カ月対14.9カ月)。

 

「エロツムマブ自体は単剤では活性を有しません」、Roschewski医師は言及した。「しかし、他剤を併用することでエロツムマブは無増悪生存期間を延長させるのです」。

 

これらの薬剤で最もよくみられた副作用は、疲労、下痢、末梢神経障害、そして発熱であった。ダラツムマブでは白血球減少も起こす可能性がある。

 

エロツムマブとダラツムマブはいずれもモノクローナル抗体であり、この種のがんを対象としたほかのFDA承認治療薬では標的としていない骨髄腫細胞のタンパクを標的としている、とRoschewski医師は説明した。

 

「3剤のうち最も興味深いのが、単剤活性を示したダラツムマブです」、Roschewskiは言った。「本剤自体は多発性骨髄腫を治癒せず、寛解の持続期間は比較的短いのですが、特に患者がほかに治療選択肢を有さないような場合に、間違いなく有意義なベネフィットをもたらします」。

 

「これら3剤の新薬が新たな治療選択肢として組み込まれることで、検討しなければならない研究が新たに生まれることにもなるでしょう」、Roschewski医師は言った。

 

原文

 

翻訳大澤朋子

監修佐々木裕哉(血液内科/血液病理久留米大学病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3個別化医療(Precision Medicine)に...
  4. 4アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  9. 9リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  10. 10非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他