OncoLog 2015年10月号◆In Brief「β(ベータ)遮断薬により卵巣がん患者の生存期間が延長する可能性」 | 海外がん医療情報リファレンス

OncoLog 2015年10月号◆In Brief「β(ベータ)遮断薬により卵巣がん患者の生存期間が延長する可能性」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

OncoLog 2015年10月号◆In Brief「β(ベータ)遮断薬により卵巣がん患者の生存期間が延長する可能性」

MDアンダーソン OncoLog 2015年10月号(Volume 60 / Number10)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL

 

In Brief「β(ベータ)遮断薬により卵巣がん患者の生存期間が延長する可能性」

「高血圧症や心疾患の治療薬であるβ遮断薬の投与により上皮性卵巣がん患者の生存期間が延長される可能性がある」とテキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らにより報告された。

 

今回の試験から得られた知見は、ストレスホルモンが卵巣がんなどのがんの増殖・進行に拍車をかけることを示唆した研究結果に基づいており、ストレスホルモンによるこの作用をβ遮断薬が抑制するというものである。この知見は2015年8月Cancer誌電子版で発表された。

 

「ストレスホルモンにより活性化されることで心拍を増強・促進する心筋受容体タンパク質がβ遮断薬の標的ですが、今回のわれわれの研究では、同じストレス機構が卵巣がんの増殖・進行に影響を及ぼすことが示されました。このことから、遮断薬ががんの治療において新たな役割を担う可能性がみえてきたのです」と今回の試験責任医師である婦人科腫瘍学・生殖医学部門の教授Anil Sood医師は述べた。

 

今回の多施設、後ろ向き解析研究は、2000年~2010年にβ遮断薬を用いた化学療法あるいは何らかの理由でβ遮断薬を用いない化学療法を受けた1,425人の卵巣がん患者を対象に行われた。その結果、β遮断薬の投与を48カ月間受けた患者の全生存期間中央値は、遮断薬なしで42カ月間化学療法を受けた患者よりも統計的有意に長かった(p = 0.04)。また、β遮断薬群の患者269人中193人(71.1%)に選択的アドレナリン1受容体β遮断薬(SBB)、76人(28.3%)に非選択的β遮断薬(NSBB)が投与されていた。

 

NSBBを投与された患者の全生存期間中央値(95カ月)は、SBBを投与された患者の全生存期間中央値(38カ月)よりも統計学的有意に長かった(p < 0.001)。NSBB投与により全生存期間が大幅に延長されたことで、アドレナリン2受容体シグナル伝達経路、つまりNSBBの標的が、卵巣がん発生の重要な要因であることが強調された。

 

「これらのデータが励みになるとはいえ、今回の試験が後ろ向き研究であったことを考えると、NSBBをがんの治療に適用する前にさらなる試験が必要です。現在進行中の妥当性試験がそれらの追加試験の道標となるでしょう」。

 

新たに診断された上皮性卵巣がん患者を対象とした2つの臨床試験(その1つをMDアンダーソンがんセンターが率いている(試験番号2011-0800))において、化学療法とNSBBのプロプラノロールとの併用療法の評価が行われている。

 

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

原文掲載日

翻訳八木佐和子

監修勝俣範之(腫瘍内科、乳癌・婦人科癌/日本医大武蔵小杉病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他