FDA、進行大腸がんの配合剤(トリフルリジン + チピラシル)を承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDA、進行大腸がんの配合剤(トリフルリジン + チピラシル)を承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDA、進行大腸がんの配合剤(トリフルリジン + チピラシル)を承認

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~

原文掲載日:2015年10月14日

 

9月22日、米国食品医薬品局(FDA)は、標準治療後に進行した転移性大腸がん患者の治療としてトリフルリジンとチピラシル塩酸塩を配合した錠剤(ロンサーフ)を承認した。本配合製剤は以前TAS-102とされていたものである。

転移性大腸がん患者(主に日本人)800人を対象に実施した第3相ランダム化臨床試験でトリフルリジン+チピラシルの安全性および有効性が検討され、今年始めにNew England Journal of Medicine誌でその結果が発表された。

全生存期間中央値は、ロンサーフ投与患者は7.1カ月、プラセボ投与患者では5.3カ月であった。

NCI Cancer Therapy Evaluation Program(米国国立がん研究所がん療法評価プログラム)のJo Anne Zujewski医師は、この臨床試験には関与していないが、「トリフルリジンとチピラシルの配合剤によって、他の治療が奏効しない進行性大腸がん患者に新たな治療選択肢が与えられます」と述べた。

トリフルリジン+チピラシル投与を受けた患者で主にみられた副作用は、好中球減少症、白血球減少症、発熱性好中球減少症であった。

こうした副作用の可能性があるため、腎疾患がある患者は本剤を服用してはならない旨が添付文書で警告されている。

画像訳:ヒトの大腸がん細胞 出典: 米国国立がん研究所(NCI)

原文

翻訳久保優子 

監修野長瀬祥兼(腫瘍内科/近畿大学医学部附属病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1免疫療法中止後も、腫瘍抑制が持続する可能性
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4多くの早期乳がん化学療法が将来不要に―21多遺伝子ア...
  5. 52016年サンアントニオ乳がんシンポジウムハイライト
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7がんに対する標的光免疫療法の進展
  8. 8リキッドバイオプシーが進行前立腺がんの治療標的を提示
  9. 9専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  10. 10腎がんでは、抗生物質使用で免疫療法の効果が低下

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他