局所進行非小細胞肺がん患者に対する外照射放射線治療のガイドラインを承認 | 海外がん医療情報リファレンス

局所進行非小細胞肺がん患者に対する外照射放射線治療のガイドラインを承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

局所進行非小細胞肺がん患者に対する外照射放射線治療のガイドラインを承認

米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、米国放射線腫瘍学会(ASTRO)が発行した局所進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者への外照射放射線治療に関するエビデンスに基づいたガイドラインを承認することを公表した。ASCOの承認は本日Journal of Clinical Oncology誌に発表された。

 

ASCOガイドライン承認委員会は、主要なASTRO推奨事項について以下のように要約している。

  • 局所進行NSCLCの根治療法については、同時併用化学放射線療法が推奨される。その理由は、化学療法後に放射線療法を逐次併用する場合や、あるいは放射線療法単独と比較して、局所制御率や全生存率が向上するためである。
  • 同時併用化学放射線療法に耐えられない患者については、化学療法後に根治照射を逐次併用することが推奨される。その理由は、放射線療法単独の場合と比較して、全生存率が向上するからである。集学的治療が不適格な患者に対しては、放射線療法を単独で用いてもよい。忍容性は向上するが、生存率が低下する可能性がある。
  • 化学放射線療法前の導入化学療法のルーティン的施行は効果がない。
  • 化学放射線療法後の補助化学療法のルーティン的施行は効果がない。しかし、この治療法は放射線療法中に全量の全身化学療法を投与されていない患者にとっては選択肢となる。
  • 理想的な同時併用化学放射線療法レジメンは決定されていないが、最も一般的なレジメン2つは、シスプラチン+エトポシドとカルボプラチン+パクリタキセルである。

 

ASCOガイドライン承認委員会は、ASTROガイドラインの推奨事項は明確で一貫しており、科学的エビデンスに最大限に基づいているとしている。

 

原文掲載日

翻訳仲川 涼子

監修河村 光栄(放射線腫瘍学・画像応用治療学/京都大学大学院医学研究科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5ダコミチニブがEGFR陽性肺がんに有効な可能性
  6. 6がんサバイバーが感じる再発への恐れに、新たな心理介入...
  7. 7ライトタバコの使用が肺腺がんの増加に関連
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9若年患者においても、リンパ節転移あれば比較的高悪性度...
  10. 10CAR-T細胞療法で多発性骨髄腫が長期寛解

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他