メラノーマ、口腔がん、脳転移および小児がんに対する治療の進歩(ASCO2015)/米国臨床腫瘍学会(ASCO) | 海外がん医療情報リファレンス

メラノーマ、口腔がん、脳転移および小児がんに対する治療の進歩(ASCO2015)/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

メラノーマ、口腔がん、脳転移および小児がんに対する治療の進歩(ASCO2015)/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース

 

プレナリーセッションで発表された試験結果により、がん患者ケアにおける長年の疑問への答えが明らかになり、小児がん患者の生命予後が大きく改善したことがはっきりした

米国臨床腫瘍学会(ASCO)第51回年次総会で本日発表された知見は、小児がん生存者に対する非積極的治療の影響、口腔がんに対する外科手術の最適なタイミング、そして脳転移患者への全脳照射の使用に関して、待望かつ決定的な解答となった。もう1つの試験は、メラノーマ(黒色腫)患者に対する強力な新規免疫治療オプションを示している。これら4試験の結果は、ASCOプレナリーセッションで発表された。つまり、これらは患者ケアに影響を与える可能性が最も高い研究として位置づけられたのである。

 

これらの進歩は、直ちに米国でのがんの日常臨床に影響し、患者の生存率およびQOL改善につながると期待される。加えて、口腔がん手術における知見は、発症が特に多いアジアや他の地域の人々にまで及ぶ広範なベネフィットをもたらすと考えられる。2つの臨床試験はNIHを通した資金提供を受けた。

 

「医学の非常に大きな進歩にもかかわらず、積極的治療のベネフィットが、発現の可能性のある副作用を凌ぐときがあることをいまだに理解しない医師もいます」。ASCO専門医のJyoti D. Patel医師は話した。「本日報告された試験から、手術適応の口腔がん患者、または放射線照射適応の脳転移患者に対する決定的な解答を、われわれはついに得ました。同時に、非積極的治療が小児がん生存者にとって大きな実を結んでいるのは明らかです。従来の治療アプローチを一変させた、最近のメラノーマに対する免疫治療の進展とともに、本日の知見は現在進行中の臨床試験の必要性を強調するものでした。今日得られた結論は、ある患者群では、2種類の薬剤併用による付加的な副作用を避け、1種類の治療のみで十分であるということを強固にしました」。

 

試験結果は以下である:

 

原文掲載日

翻訳大澤 朋子

監修東 光久(総合診療、腫瘍内科、緩和ケア/福島県立医科大学白河総合診療アカデミー)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他