ニュース解説―アンジェリーナ・ジョリーのリスク低下のための卵巣がん切除術 | 海外がん医療情報リファレンス

ニュース解説―アンジェリーナ・ジョリーのリスク低下のための卵巣がん切除術

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ニュース解説―アンジェリーナ・ジョリーのリスク低下のための卵巣がん切除術

英国医療サービス(NHS)

2015年3月24日火曜日
ニューヨークタイムズ誌の記事によると、アンジェリーナ・ジョリーは、50%の確率で卵巣がんに罹るとの検査結果を受けて、最近になり卵巣と卵管を摘出したと発表しました。この手術は、以前受けた検査で、彼女が乳がんと同様に卵巣がんに関連するハイリスク遺伝子を持つことがわかったため行われました。

 

今回の発表は、2013年にジョリー氏が両側 乳房切除術後(両方の乳房を外科的手術により切除すること)に乳房再建手術を受けたことを公表したことに続くものです。この手術は、彼女が持つハイリスク遺伝子により87%の確率で乳がんに罹る ことがわかったため行われました。

 

ジョリーは「この手術を行うことを長い間計画してきました。乳房切除ほど難しい手術ではないのですが、影響はより深刻なものです。この手術により女性は閉経の状態となります。そのため、私は、医師と選択肢を話しあい、代替療法について調べ、エストロゲンやプロゲステロンをホルモン薬により補充 (HRT)(*監修者注:両側乳房切除していない場合、ホルモン補充療法は乳がんのリスクになりうる)を計画 し、身体的にも感情的にも自分自身で準備をしました」と説明しました。

 

「ホルモン補充を行ったにも関わらず、私は今、更年期にあります。もう子どもを持つことはできないだろうし、身体的な変化も予測されます。それでも、何が起ころうとも私はほっとしています。それは私が強いからではなく、こういったことは人生の一部だからです。怖がることは何もありません」。

 

どのような遺伝子が卵巣がんのリスクの原因となるのでしょう?

BRCA1とBRCA2は卵巣がんに関連する欠陥遺伝子です。この2つは乳がんのリスクも増加させることが知られています。

 

卵巣がんの家族歴がある場合、とりわけ50歳以前に罹患したなら、遺伝子変異のある家系である可能性があります。

 

下記に当てはまれば欠陥遺伝子をもつリスクが高いでしょう。

・母方か父方どちらか同じ方の親族で、
年齢を問わず卵巣がんと診断された血縁者が1人いて、かつ平均 60歳以下の乳がんに罹った血縁者が2人以上いる。

 

・母方か父方どちらか同じ方の親族で
年齢を問わず卵巣がんと診断された血縁者が1人、かつ50歳より若くして乳がんと診断された近親者が1人以上いる。

 

・母方か父方どちらか同じ方で、年齢を問わず卵巣がんと診断された親族が2人いる。

 

遺伝子変異をもっているリスクが高い人には主治医がBRCA1とBRCA2の遺伝子変異を調べる検査を奨めるでしょう。

 

Ovarian Cancer Actionは家族歴から卵巣がんのリスクがあるかをチェックするのに役立つサイトを提供しています。⇒ http://ovarian.org.uk/brca-risk-tool

 

予防的手術により、どのような影響があるのでしょうか?

検査により卵巣がんに対してハイリスクであることが示されたら、医師は両側卵管卵巣摘除術と呼ばれる手術を奨めるでしょう。この手術では卵巣と卵管の両方を外科的に摘出します。

 

この手術により、閉経を経験していない場合は閉経のきっかけとなり得ますが、卵巣がんになる可能性は有意に減少するでしょう。

 

この手術によりホットフラッシュや寝汗のような症状が起こることがあります。これらの症状は通常ホルモン補充療法(HRT)により改善 します。

 

HRTを使用できないまたは望まない患者は、その他、代替療法を選択することもできます。

 

卵巣がんのリスクを減らすには他にどのような方法があるでしょうか?

排卵をとめることと経口避妊薬

卵巣の表面を通り生殖系に放たれる卵子によって卵巣は排卵のたびにダメージを受けています。

 

排卵のプロセスを止める以下のことにより、卵巣がんのリスクを最小化することができます。
・妊娠と授乳
・経口避妊薬
・子宮摘出手術
・卵巣摘出手術

 

食事と生活習慣

卵巣がんについての調査では、この疾患は太りすぎや肥満と関連していることがわかりました。定期的な運動と健康的なバランスのとれた食事により体重を減らすことで卵巣がんになるリスクを下げることができるでしょう。定期的な運動と健康的で低脂肪の食事は、卵巣がんに関してだけでなく、健康全般にとって極めて有益で、あらゆるがんと心臓病の予防に役立つでしょう。

NHS Choices編集

原文掲載日

翻訳池上 紀子

監修下村 昭彦(腫瘍内科/国立がん研究センター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他