Pictilisibとフルベストラントの併用はER/PR陽性の進行乳癌女性に有効である可能性 | 海外がん医療情報リファレンス

Pictilisibとフルベストラントの併用はER/PR陽性の進行乳癌女性に有効である可能性

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Pictilisibとフルベストラントの併用はER/PR陽性の進行乳癌女性に有効である可能性

米国がん学会(AACR) プレスリリース

 

開発中のpictilisib[ピクチリシブ、旧GDC-0941]を内分泌療法薬のフルベストラントと併用したところ、アロマターゼ阻害剤抵抗性を獲得したエストロゲン受容体(ER)陽性かつプロゲステロン受容体(PR)陽性の進行性および転移性乳癌女性の無増悪生存期間が延長したことが、サンアントニオ乳癌シンポジウム2014(12月9〜13日)で発表されたランダム化第2相FERGI試験のデータにより明らかになった。

 

「ER陽性乳癌患者全体のデータ解析では、無増悪生存期間の改善に統計学的有意差は認められませんでした」と、ダナファーバー癌研究所(所在地:ボストン)で乳腺腫瘍学プログラムの臨床研究責任者を務めるIan E. Krop医学博士は語った。

 

「しかし、予備解析でERとPR共に陽性の乳癌患者のみを対象に検討したところ、ピクチリシブの併用により、無増悪生存期間が3.7カ月から7.4カ月へと2倍もの有意な延長を示しました。そのため、ER/PR陽性乳癌女性に対するピクチリシブの効果が、本試験に追加した別の患者コホートでも有効かどうか検討することを計画しています」。

 

17カ月の追跡調査後に実施したER陽性乳癌女性の試験対象集団全体を対象にした解析では、ピクチリシブ+フルベストラントにランダム割り付けした群は、プラセボ+フルベストラントに割り付けた群に比べ、病勢進行を示した患者が26%少なかった。無増悪生存期間の改善に統計学的有意差は認められなかった(p=0.09)。
ER/PR陽性乳癌女性の無増悪生存期間について事後解析を行ったところ、ピクチリシブ+フルベストラント群はプラセボ+フルベストラント群に比べ、病勢が進行した患者が56%も少なかったことが明らかになった。これは統計学的に有意な改善であった(p=0.002)。

 

「PI3Kシグナル伝達経路の活性化がER陽性乳癌の内分泌療法に対する抵抗性を引き起こすことを示唆する、説得力のある前臨床データと複数の臨床データがあります」 とKrop氏は語る。「このことが、PI3K阻害剤ピクチリシブをフルベストラントと併用することで、アロマターゼ阻害剤による内分泌療法に対する抵抗性を獲得した進行性または転移性ER陽性乳癌患者の無増悪生存期間が改善するかどうか検討する論理的根拠となりました」。

 

「驚いたことに、この試験データから、PI3Kシグナル伝達経路の中心的構成要素であるPIK3CA遺伝子に変異を有する乳癌であることは、ピクチリシブによる効果予測因子ではなかったことがわかりました。このことはPIK3CA遺伝子変異がPI3Kシグナル伝達経路活性化の唯一の因子ではないことを示唆しているのかもしれません」とKrop氏は続けた。

 

Krop氏らは、アロマターゼ阻害剤による治療中あるいは治療後に再発もしくは転移した、ER陽性HER2陰性閉経後乳癌患者168人 を試験に登録した。患者をフルベストラント+ピクチリシブ群またはフルベストラント+プラセボ群のいずれかに割り付けた。

 

予期せぬ毒性は報告されなかった。ピクチリシブ+フルベストラントの副作用は、ピクチリシブ単剤投与試験で認められた副作用と類似していた。

 

FERGIは、ER陽性乳癌に対するフルベストラントとGDC-0941 およびGDC-0980阻害剤の併用(fulvestrant in ER-positive breast cancer with GDC-0941 and GDC-0980 inhibitors)の略である。

 

本試験は、Genentech社の研究助成を受けた。Krop氏は、Genentech社から研究資金の提供を受けている。

 

原文掲載日

翻訳菊池明美

監修小坂 泰二郎 (乳腺外科/順天堂大学医学部附属練馬病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  10. 10非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他