OncoLog 2014年5月号◆T細胞を改変し、B細胞性悪性腫瘍を治療する–Sleeping Beauty(眠れる森の美女)療法 | 海外がん医療情報リファレンス

OncoLog 2014年5月号◆T細胞を改変し、B細胞性悪性腫瘍を治療する–Sleeping Beauty(眠れる森の美女)療法

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

OncoLog 2014年5月号◆T細胞を改変し、B細胞性悪性腫瘍を治療する–Sleeping Beauty(眠れる森の美女)療法

MDアンダーソンがんセンター月刊OncoLog誌2014年5月号

MDアンダーソン OncoLog 2014年5月号(Volume 59 / Number 5)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL

 

T細胞を改変し、B細胞性悪性腫瘍を治療する—Sleeping Beauty(眠れる森の美女)療法

患者自身の免疫系が癌細胞を見つけて破壊するのを助ける新規の手法によって、B細胞性のリンパ腫および白血病の患者の寛解期間を延ばすことができる可能性がある。

 

この手法は、Sleeping Beautyとして知られる遺伝子導入法を用いて、養子T細胞移植に用いるキメラ抗原受容体(CAR)を作製するもので、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの臨床試験で用いられている。

 

養子T細胞移植

養子T細胞移植は、リンパ腫および白血病の革新的な治療法である。この治療法は、病原体および細胞を異物または機能障害と認識するT細胞抗原受容体を改変することによって、患者またはドナーから採取したT細胞が癌細胞を特異的に標的とするようになるという理論に裏づけられている。改変T細胞は、副作用のリスクを最小限に抑えつつ、効果的に癌を排除できる可能性がある。

 

非改変のnative T細胞は、通常は癌細胞を攻撃しない。これが、癌細胞が患者の体内で生き残ることができるひとつの理由である。このため、養子T細胞移植を成功させるためには、T細胞の抗原受容体を何らかの方法で改変し、T細胞が確実に患者の癌細胞を標的にして死滅させるようにする必要がある。CARは、B細胞性悪性腫瘍では通常、B細胞特異的タンパク質であるCD19を標的にする。

 

CARの従来の作製方法では、ウイルスによるトランスフェクションを用いて、T細胞の抗原受容体を改変する。抗原受容体を改変したあと、CD19を発現する抗原提示細胞下でキメラT細胞を培養する。抗原提示細胞は、改変T細胞を刺激し、増殖させる。しかし、ウイルスを用いてCAR-T細胞を作製する従来の方法は、多くの場合、費用がかかる。

 

Sleeping Beauty法

しかし、最近、小児科教授Laurence Cooper医学博士のチームが、患者のCARを作製するのに、ウイルスを使わず、それほど費用もかからない方法を開発した。この手法はSleeping Beauty(眠れる森の美女)と呼ばれる。なぜなら、この手法が、何百万年も前に脊椎動物の最後の共通祖先に存在したトランスポゾン(ゲノムの中でその位置を移動することができるDNA塩基配列)を再構築したものに依存しているためである。再構築されたトランスポゾンシステムを用いると、ウイルスベクターを使用せずに宿主のゲノム内にDNAを組み入れることができる。

 

このシステムで、医師らは、CD19などの腫瘍特異的な抗原またはマーカーを明らかにし、それを用いて、患者の癌に特異的なCARを含むDNA構築物を作製する。その配列は、Sleeping Beautyに特異的なDNAプラスミドに挿入される。そのDNAをT細胞に導入する際は、ウイルスの代わりに電気穿孔法を用いてT細胞の細胞膜を一時的に壊し、T細胞にSleeping BeautyのDNAを取り込ませる。

 

臨床への応用

養子T細胞移植療法は、一般に、リンパ腫または白血病の治療が終了してから実施される。通常、患者のT細胞はリンパ腫または白血病の治療が始まる前に採取する。患者の疾患の特性によって、化学療法、免疫療法、分子標的療法などが実施され、その後、残存病変の制御を図るために、造血幹細胞移植が行われることもある。

 

このような治療と並行して、CAR構築物が作製され、事前に採取した患者のT細胞に導入される。CARが組み込まれたT細胞は、治療が終了し、患者の状態が安定した時点で、患者に投与される。幹細胞移植科准教授Partow Kebriaei医師は「移植後のCAR-T細胞投与では、微小残存病変を標的とし、高リスクのB細胞性悪性腫瘍患者の寛解維持を目指します」と話す。

 

幹細胞または臍帯血の移植を受けたB細胞性悪性腫瘍患者に、Sleeping Beautyを用いて得られたCAR-T細胞を投与する試験が3件、MDアンダーソンで初めてヒトを対象に実施され、Kebriaei医師は、そのうちの2件の試験責任医師である。Kebriaei医師らは、昨年12月の米国血液学会年次総会で、25人の患者のCAR-T細胞を作製し、9人に投与したことを報告した。5人が急性リンパ性白血病、4人が非ホジキンリンパ腫であった。CAR-T細胞が寛解維持に効果があるかどうかを論じるには時期尚早であったものの、この療法が良好な忍容性を示したことが報告された。

 

将来に向けて

Cooper医学博士は、MDアンダーソンの研究者や臨床医らによって、B細胞性悪性腫瘍患者を対象に、化学療法終了直後にCAR-T細胞療法を実施する臨床試験が開始されたと話す。試験責任医師は、幹細胞移植および細胞療法科教授Chitra Hosing医師である。

 

現在実施されているCAR-T細胞療法の試験はいずれも、改変T細胞の生体内生存期間に注目している。Kebriaei医師によれば、今後、CAR-T細胞の持続時間が改善されれば、養子T細胞移植はいずれ、重大な副作用の恐れがあり高額な費用がかかる幹細胞移植に取って代わるものになる可能性があると言う。

 

MDアンダーソンの研究者らは、CAR-T細胞を用いた治療が、成人患者に比べて概して治療の選択肢の少ない小児リンパ腫で、治療の新たな選択肢になるのではないかと期待している。Cooper医学博士は「製薬会社の多くが、投資への見返りが見込めないために、小児リンパ腫に関心を寄せることができない経済状況にあります。しかし、CAR-T細胞には、この立場の弱い患者集団の治療薬となる可能性があるのです」。

 

— Zach Bohannan

【上段画像キャプション訳】
「移植後のCAR-T細胞投与は、微小残存病変を標的とし、高リスクのB細胞性悪性腫瘍患者の寛解維持を目指します」– Partow Kebriaei医師

【下段画像キャプション訳】
「製薬会社の多くが、小児リンパ腫に関心を寄せることができない経済状況にあります…しかし、CAR-T細胞には、この立場の弱い患者集団の治療薬となる可能性があるのです」– Laurence Cooper医学博士

 

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

原文掲載日

翻訳中村幸子

監修大野 智(腫瘍免疫学、補完代替医療/帝京大学・東京女子医科大学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法
  9. 9乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  10. 10濾胞性リンパ腫治療の新時代

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他