FDAが頭頸部癌の進展範囲の特定にLymphoseek[リンフォシーク]を承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが頭頸部癌の進展範囲の特定にLymphoseek[リンフォシーク]を承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが頭頸部癌の進展範囲の特定にLymphoseek[リンフォシーク]を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース

速報

米国食品医薬品局(FDA)は、6月13日、診断用放射性造影剤 Lymphoseek [リンフォシーク](technetium 99m tilmanocept)注射液の新たな使用法を承認した。リンフォシークは、医師が頭頸部における扁平上皮細胞癌の進展度合いを判断する際に役立つ。

 

リンフォシークは、乳癌およびメラノーマを有する患者における、原発腫瘍に最も近いリンパ節の特定に、2013年に承認された。リンパ節には体内組織から流れ込むリンパ液を濾過する働きがある。このリンパ液には、とりわけ腫瘍が存在する部位から排出された場合、癌細胞が含まれている可能性がある。医師は、腫瘍から排出されるリンパ液が流れ込むリンパ節を外科的に切除し詳しく調べる生検という方法を用いて、転移の有無を判断することができる場合もある。

 

本日の承認で、リンフォシークは頭頸部癌患者に対して行う原発腫瘍に最も近いリンパ節の検査、センチネルリンパ節生検にも使用が可能となった。この適用により、センチネルリンパ節転移陰性の患者にとってはより限局的なリンパ節手術という選択肢が増える。

 

「頭頸部癌患者の中には、原発腫瘍から排出されるリンパ液が流れ込むリンパ節を切除し、病理検査することが重要な診断方法となる場合があります」と、FDA医薬品評価研究センター所長で医学博士のLibero Marzella氏は語る。「リンフォシークの使用法は、腫瘍部位に薬剤を注射し、その後携帯型放射線検知器をかざします。するとリンフォシークの放射線を取り込んだセンチネルリンパ節がわかります」。

 

新たな適応承認を実現するため、口唇部、口腔内、および皮膚の扁平上皮細胞癌患者85人を対象とした臨床試験を実施し、リンフォシークの安全性と有効性を確認した。患者全員にリンフォシークを注射し、その後、転移が疑われるリンパ節(リンフォシークにより識別されたリンパ節および腫瘍の部位と外科診療をもとに判断したリンパ節)を切除し、病理検査を実施した。その結果、リンフォシーク使用のセンチネルリンパ節生検は、リンパ系を介した転移の有無を正確に判別することがわかった。

 

臨床試験で認められた最も多い副作用は、注射部位の疼痛および炎症であった。

 

リンフォシークは、オハイオ州ダブリンに本拠地を置くNavidea Biopharmaceuticals, Inc. 社が販売している。

原文掲載日

翻訳菊池明美

監修東光久(総合内科、血液癌、腫瘍内科領域/天理よろず相談所病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他