[ 動画 ]

予後の受け止め方:医師向け 患者中心の医療

日本語動画のURL:https://youtu.be/ZUajZ80xAB8

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆
Anthony L. Back医師が、患者とどう予後を語ればよいか、他のがん専門医に対して指導を行っています。Back医師は、良いコミュニケーションは良いケアの一部であると言います:「患者やその家族と予後について語るのは困難なことです。しかし上手く行われれば、その会話が患者との信頼関係を深め、患者自身が計画を立てたり問題に対処したりできるようになるのです」。
 
このビデオは米国国立がん研究所(NCI)が制作したシリーズ5作品の一つです。まず最初に全体説明のビデオ ( https://youtu.be/JWb5hb2b8_4 )をご覧になるといいかもしれません。
 
このほかの予後に関するNCIビデオシリーズ、ならびに患者に役立つ情報、医療チームによる予後についての話は、 http://www.cancer.gov/prognosis をご覧ください。
 
また、難しいテーマの会話において患者といかにいいコミュニケーションを図るか、Back教授によるがん専門医の為のNCIトレーニングについてもっと知りたい方はこちら http://depts.washington.edu/oncotalk/ をご覧ください。
 
出演者(出演順):
Anthony L. Back医師(ワシントン大学大学院腫瘍学部教授)
 
日本語版公開日:2013/05/29 (2014/6/24 修正)
◆─────────────────◆

翻訳担当者平沢沙枝 

字幕指導寺田真由美

監修太田真弓(精神科、児童精神科/さいとうクリニック院長)

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事