[ 記事 ]

シスプラチン耐性癌細胞は、開発中のPARP阻害剤に感受性を示す

• シスプラチン耐性非小細胞肺癌細胞では過剰活性化PARP1が高発現している
• in vitroでPARP阻害剤による細胞死が認められた
• PARP阻害剤がマウスにおけるシスプラチン耐性腫瘍の増殖を遅延させた

 

米国癌学会の学術誌Cancer Researchに発表された前臨床試験データによれば、ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害剤は、一般的に用いられている化学療法薬、シスプラチンに耐性となった癌患者への新たな治療戦略となる可能性がある。

 

「シスプラチンは最も広く用いられている標準的な抗癌剤です」Paris Descartes University(フランス、パリ)の教授であるGuido Kroemer医学博士は述べた。「残念なことに、大部分の患者では癌細胞が薬剤の作用に対して耐性ができるため、シスプラチン療法による治療効果は一時的なものに過ぎません」。

 

Kroemerらは、有望な新しい治療法の手がかりとなることを期待し、癌細胞がシスプラチンに対する耐性を獲得するにつれて生じる生化学的変化を明らかにしようと試みた。

 

非小細胞肺癌(NSCLC)が世界的に罹患率の高い癌であり、癌による死亡の主要原因となっていること、またシスプラチンによる治療を受けるNSCLC患者が多いことからKroemerらはNSCLCに着目して試験を行った。

 

研究者らは、ほとんどのシスプラチン耐性NSCLС細胞株でタンパク質であるポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ1(PARP1)が高発現し、ポリ(ADPリボシル)(PAR)の量が増加していることを確認した。また、PARP1の過剰活性化も認められた。シスプラチン耐性中皮腫、卵巣癌および子宮頚癌細胞株でも同様の結果がみられた。

 

過剰活性化PARP1およびPARが高レベルとなったシスプラチン耐性NSCLC細胞株を、それぞれ二つの別個のPARP阻害剤に曝露したところ、これらの細胞株は、死に至る細胞内プロセスを開始した。Kroemerによれば、PARレベルはPARP1自体の発現レベルよりもPARP阻害剤による効果の予測性があり、PARがシスプラチンによる治療効果の有効なバイオマーカーとなりうることが示唆された。

 

次に、Kroemerらは、PARP阻害剤投与がヒトNSCLC細胞株異種移植マウスの腫瘍増殖に影響を及ぼすかどうかを調べた。その結果、PARP阻害剤投与により腫瘍増殖が有意に遅延することが判明した。

 

「われわれのデータによると、シスプラチン耐性は、ほとんどの場合、癌細胞がPARP阻害剤に対して脆弱になるという定型的な生化学的変化と関連づけられます」とKroemerは述べた。「このことは、新たな治療レジメンを確立し、シスプラチンによる治療効果のバイオマーカーを開発する上で明確な意味を持っている。われわれの研究室では、これらの素晴らしい臨床的可能性を引き続き追究しています」。

 

# # #

AACRについて
1907年に設立された米国癌学会(AACR)は、世界初かつ最大の専門家組織で、癌研究および癌の予防と治療という使命の推進に尽力している。AACRの会員は、90カ国以上、34,000人にのぼり、基礎研究、トランスレーショナル研究および臨床研究に関わる研究者、人口動態研究者、他の医療従事者および癌患者支援者から成る。AACRは、癌関連のあらゆる分野の専門知識を結集し、年間20以上の学会および教育ワークショップを開催して癌の予防、生物学、診断および治療における進歩を促している。最大の学会はAACR年次集会で、17,000人以上が参加する。さらにAACRはピアレビュー学術誌7誌と癌サバイバー、癌患者、および介護者向けの雑誌を発行している。AACRは、価値ある研究に対して資金を直接提供しているほか、多数の癌関連機関と連携して研究助成金を提供している。AACRは、Stand Up To Cancerの学術パートナーとして、癌患者に利益があると見込まれる個人およびチームの研究について、専門家による査読、資金の管理や授与、科学的な監視を行っている。AACRは、癌から命を守るための癌研究および関連のある生物医学の意義について、議員や政策立案者と積極的に意見交換を行っている。

 

翻訳原恵美子

監修原野謙一(乳腺科・婦人科癌・腫瘍内科/日本医科大学武蔵小杉病院)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事