乳癌の補助ホルモン療法と対側乳癌の受容体特異的な亜型のリスク | 海外がん医療情報リファレンス

乳癌の補助ホルモン療法と対側乳癌の受容体特異的な亜型のリスク

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

乳癌の補助ホルモン療法と対側乳癌の受容体特異的な亜型のリスク

Cancer Res. 2009 Sep 1;69(17):6865-70. Epub 2009 Aug 25. Links
Adjuvant hormonal therapy for breast cancer and risk of hormone receptor-specific subtypes of contralateral breast cancer.Li CI, Daling JR, Porter PL, Tang MT, Malone KE.
フレッドハッチンソン癌研究センター 公衆衛生学部門(米国シアトル)

一般集団の女性の乳癌リスクと比較して、乳癌の既往のある女性は二次原発対側乳癌のリスクが大幅に高くなる。補助ホルモン療法によりこのリスクは減少するが、予備データから補助ホルモン療法は同時にホルモン受容体陰性対側腫瘍のリスクも増大させる可能性があることが示されている。われわれは初発が原発性エストロゲン受容体(ER)陽性浸潤性乳癌で二次原発対側乳癌と診断された367名の女性と、初発の乳癌のみと診断された対応対照728名の女性について、集団ベースのネスティドケースコントロール研究(コホート内症例対照研究)を行った。補助ホルモン療法、他の治療、乳癌リスク因子のデータを電話による聞き取りと診療録からの抽出で確認した。補助ホルモン療法と対側乳癌のホルモン受容体特異的な亜型のリスクと相関を定量化するために条件付きロジスティック回帰を用いた両側統計的検定を行った(n = 303 ER+, n = 52 ER-)。ホルモン療法を受けていない女性と比較して、5年間以上タモキシフェンの補助療法を受けた女性はER+対側乳癌リスクが減少したが(オッズ比0.4; 95%信頼区間(CI), 0.3-0.7)、ER-対側乳癌のリスクは増加した。5年未満のタモキシフェンの使用はER-対側乳癌のリスクとの相関を認めなかった。補助ホルモン療法は明らかに有益であるが、比較的まれなER-対側乳癌発生のリスクを補助ホルモン療法のリスクのなかで改めて集計する必要がある。これはER+腫瘍と比較してER-腫瘍の予後が悪いという臨床的問題からである。

PMID: 19706753

平 栄(放射線腫瘍科) 訳

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

お勧め出版物

一覧

arrow_upward