[ 記事 ]

Cabazitaxelがタキソテールの治療に無効となったホルモン抵抗性前立腺癌に有効

キャンサーコンサルタンツ
2010年3月

国際的多施設第3相試験(TROPIC)に参加した研究者らは、タキソテール(ドセタキセル)の治療を行ったにもかかわらず癌が進行したホルモン抵抗性前立腺癌(HRPC)患者に対する効果について、Cabazitaxel(XRP-6258)がノバントロン(ミトキサントロン)よりも優れていると報告した。本研究の詳細について3月5日〜7日サンフランシスコで開催された2010年米国臨床腫瘍学会泌尿生殖器癌シンポジウム(ASCO-GU)で発表した[1]。

 

前立腺癌はホルモン依存性疾患でアンドロゲン除去療法(ADT)や去勢術により長期間のコントロールが可能となる。ADTの効果がみられなくなった患者への次の治療選択は化学療法剤であり、タキソテール(ドセタキセル)やミトキサントロンなどを投与する。しかし多くの患者は最終的には癌が進行し追加療法が奏効しなくなることが多い。よってHRPC患者への新しい薬剤が必要とされている。

 

Cabazitaxelは植物由来タキサンの経口半合成誘導体で微小管阻害剤である。本剤は多剤耐性癌の治療に用いられるほとんどのタキサン系薬剤よりも有効であることが示唆されてきた。試験はタキソテールに反応しない転移性 HRPC患者755人に実施した。26カ国132の施設が参加し、患者全員にCabazitaxelかミトキサントロンをランダムに割り付けた。試験観察期間中央値は12.8カ月。治療サイクル中央値はCabazitaxelで6回、ミトキサントロンで4回であった。

  • 生存率中央値はミトキサントロン投与患者で12.7カ月、Cabazitaxel投与患者で15.1カ月であった。
  • Cabazitaxelはミトキサントロンよりも無増悪生存期間を延長し、奏効率も高かった。
  • 最も多くみられたgrade 3〜4の有害事象は好中球減少であり、Cabazitaxel投与患者で81.7%、ミトキサントロンで58%の患者に認められた。

 

コメント:これらのデータはCabazitaxelがHRPC患者の治療に重要な位置を示すことを示唆している。次の段階としてタキソテールに対する比較試験を実施する。

 

参考文献:

[1] Sartor AO, Oudard S, Ozguroglu O, et al. Cabazitaxel or mitoxantrone with prednisone in patients with metastatic castration-resistant prostate cancer (mCRPC) previously treated with docetaxel: Final results of a multinational phase III trial (TROPIC). 2010 Genitourinary Cancers Symposium; Abstract number 9.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳武内 優子

監修辻村信一 (獣医学/農学博士、メディカルライター)

原文を見る

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事