[ 記事 ]

限局したステージのホジキンリンパ腫患者において放射線療法が必ずしも必要ではないと臨床試験で報告される

キャンサーコンサルタンツ
2010年3月

ダナファーバー癌研究所の研究者らは、「限局したステージで巨大腫瘤がない(nonbulky)ホジキンリンパ腫」に対する6サイクルのABVD療法が有効かつ安全であり、若年患者における放射線毒性を回避できる可能性があることを報告した。この研究の詳細はJournal of Clinical Oncology誌の2010年3月20日号に掲載されている。[1]

 

限局したホジキンリンパ腫の治療は化学療法あるいは放射線療法単独、あるいは化学療法と放射線療法を組み合わせて行われる。より多くの患者をより少ない副作用で治療できる至適治療法はまだ確定していない。カナダ国立癌研究所とECOG(Eastern Cooperative Oncology Group)臨床試験団体は今までに、限局期ステージIA-IIAのホジキンリンパ腫では化学療法に放射線療法を上乗せすることの有益性がないという報告を行ってきた。ホジキンリンパ腫治療における現在の目標は、特に放射線治療に由来する長期毒性を減らすことである。

 

本試験では71人のホジキンリンパ腫患者(平均年齢:29歳、範囲:17-44歳)が組み入れられた。全ての患者が巨大腫瘤がない(non-bulky)ステージIA-IIAの患者であり、6サイクルのABVD(ドキソルビシン、ブレオマイシン、ビンブラスチン、ダカルバジン)療法を受けた。フォローアップの中央値は60カ月であった。

•100%の完全寛解がみられた
•6件の再発がみられたが、化学療法/放射線療法の2次治療および自家幹細胞移植により治癒した。

 

コメント: この結果は今までのデータ(放射線治療はステージI-II ホジキンリンパ腫の治癒において必須ではない)を裏づけている。

 

参考文献:
1 Canellos GP, Abramson JS, Fisher DC, et al. Treatment of favorable, limited-stage Hodgkin’s lymphoma with chemotherapy without consolidation by radiation therapy. Journal of Clinical Oncology. 2010;28:1611-1615.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳鈴木暁子

監修吉原 哲(血液内科/兵庫医科大学病院)

原文を見る

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事