[ 記事 ]

カンプトサール+白金製剤のレジメンが小細胞肺癌に有効であることが確認

キャンサーコンサルタンツ
2007年11月

2007年9月に開催された第12回世界肺癌会議で小細胞肺癌(SCLC)におけるCamptosar(カンプトサール日本ではカンプト、一般名イリノテカン)+白金製剤のレジメンを評価した2つの臨床試験が発表された。

 

VePsid(エトポシド)+プラチノール(シスプラチン)は、進展型小細胞肺癌患者の標準的な治療選択肢である。しかし、長期予後が芳しくないため、異なる化学療法の組み合わせの評価が引き続き行われている。カンプトサールと白金化合物を含むレジメンがより少ない毒性で、エトポシドと白金製剤併用と同等に効果的であることが、過去3年間に明らかになった。カンプトサール+パラプラチン(カルボプラチン)分割投与が、治療を受けたことがない進展型小細胞肺癌患者にとって、忍容性が良好なレジメンであることを韓国の研究者らがすでに報告している。日本の研究者らも、ニューポジェン(filgrastim; G-CSF) で補助されたパラプラチン(カルボプラチン)+カンプトサールのレジメンが、高齢のSCLC患者において効果的で忍容性が良好であると報告している。

 

アラバマ大学の研究者らは、16名の進展型小細胞肺癌患者にカンプトサール+ エロキサチン(オキサリプラチン)後にエトポシド+パラプラチンを投与する治療の結果を発表した。3名以外はすべて試験参加時点で未治療であった。化学療法を受けたことがない9名の患者の反応データが発表された。うち5名で部分奏効を示し、3名においては病勢の安定がみられた。このレジメンは血小板減少症を除き忍容性が良好であるとされた。

 

ヨーロッパのランダム化試験では210名の進展型小細胞肺癌患者を対象にカンプトサール+パラプラチンのレジメンと標準的なエトポシド+パラプラチンのレジメンを比較した。

 

  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳下和田 篤子

監修平 栄(放射線腫瘍科)

原文を見る

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事