GnRHアゴニスト:前立腺癌治療薬に関する安全性審査(商品名:Lupron、Zoladex、Trelstar、Vantas、Eligard、Synarelおよび後発医薬品) | 海外がん医療情報リファレンス

GnRHアゴニスト:前立腺癌治療薬に関する安全性審査(商品名:Lupron、Zoladex、Trelstar、Vantas、Eligard、Synarelおよび後発医薬品)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

GnRHアゴニスト:前立腺癌治療薬に関する安全性審査(商品名:Lupron、Zoladex、Trelstar、Vantas、Eligard、Synarelおよび後発医薬品)

泌尿器科医、腫瘍医および患者向け

原文

2010年5月3日 FDAは医療従事者および患者に対し、GnRHアゴニスト投与を受けている男性で糖尿病や心血管疾患のリスクが高まることを示唆するFDAの暫定的かつ継続中の審査結果を通達した。GnRHアゴニストは、前立腺癌の増殖に関与するホルモンであるテストステロンの産生を抑制する薬剤である。 FDAが審査した試験の大半では、GnRHアゴニスト投与患者にて糖尿病や心血管事象のリスクが小さいながらも統計学的に有意な上昇が報告された。FDAの審査は継続中であり、GnRHアゴニストに関する結論や前立腺癌に対してこれらの薬剤投与を受けている患者で糖尿病や心血管疾患のリスクが上昇するかどうかに関する結論はまだ出ていない。 医療従事者および患者は、これらの安全性問題を認識し、治療選択肢を決定する際にGnRHアゴニストのベネフィットとリスクを慎重に考慮すべきである。FDAは、GnRHアゴニスト投与を受ける患者について糖尿病および心血管疾患の発症をモニタリングすべきであると推奨している。患者は、医師から投与中止を指示されない限りは、GnRHアゴニスト投与を中止すべきではない。 一部のGnRHアゴニストは、前立腺癌以外の適応症に対して女性や小児でも使用されている。GnRHアゴニスト投与を受ける女性や小児を対象として糖尿病や心疾患のリスクを評価した比較試験はない。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  9. 9専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  10. 10免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他