ビタミンDサプリメント製剤:誤服用 | 海外がん医療情報リファレンス

ビタミンDサプリメント製剤:誤服用

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ビタミンDサプリメント製剤:誤服用

小児科医、地域医療従事者、消費者向け

原文

2010年6月15日 問題点:ビタミンDサプリメント液剤の中にはスポイトと共に販売されているものもあり、有害な量のビタミンDを乳児に誤って与えてしまう場合がある。過量のビタミンDは乳児にとって有害であり、悪心や嘔吐、食欲減少、過度な喉の渇き、頻尿、便秘、腹痛、筋力低下、筋肉痛や関節痛、錯乱、倦怠感が発現する場合や、より重篤な症状として腎障害などが発現する場合がある。 背景:米国小児科学会では、母乳で育てている乳児および母乳を一部与えている乳児に対して1日につきビタミンDサプリメント400 IU(国際単位)を推奨している(AAP Pediatric Nutrition Handbook、第6版、p.466)。 推奨:乳児が推奨用量以上を服用しないようにするための最も簡単な方法は、1回の用量が400 IU以上にならないようなスポイトの付いた製剤を使用することである。育児者が乳児に与えるべきビタミンDの用量を正確に測れない場合や他に問題を抱えている場合、これらの製剤を乳児に与える前に医療従事者に相談することをFDAは推奨している。 医療従事者や患者に対し、これらの製剤の使用に関連した有害事象や副作用をFDA MedWatch Safety InformationおよびAdverse Event Reporting Programに報告することを推奨している。 ・オンライン:www.fda.gov/MedWatch/report.htm ・電話:1-800-332-1088 ・メール:料金別納郵便としてFDA form 3500(MedWatch の「Download Forms」のページからダウンロード可能)を住所記載済みの書式で提出すること。 ・ファックス:1-800-FDA-0178

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4卵巣がんの起源部位は卵管であることが示唆される
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6がんに対する標的光免疫療法の進展
  7. 7ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がん...
  8. 8がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  9. 9乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  10. 10アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他