[ 記事 ]

Epogen (epoetin alfa) Procrit(epoetin alfa)

原文
血液学、腫瘍学、腎臓学およびその他の医療従事者向け

 

Amgen社、Ortho Biotech社とFDAはEpogenおよびProcritの処方情報の警告(WARNINGS)、注意(PRECAUTIONS)、有害反応(ADVERSE REACTIONS)、および用法・用量(DOSAGE AND ADMINISTRATION)セクションの改定を医療従事者に通達した。改訂後の薬剤ラベルは、これらの治療を受けた患者におこる、エリスロポエチンに対する中和抗体に関連した赤芽球癆(せきがきゅうろう)および重篤な貧血(血球減少を伴うかどうかに関わらず)の報告による最新の安全性情報に更新した。これは主にAranespの皮下投与を受けているCRFを伴う患者において報告されている。推奨される評価と治療は新しい処方情報に提供されている。 [November 2005 – Epogen Letter – Amgen] [Octover 2005 – Epogen Label – Amgen] [November 2005 – Procrit Letter – Ortho Biotech] [October 2005 – Procrit Label – Ortho Biotech]

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事