[ 記事 ]

PD-L1高発現の肺がん(NSCLC)初回治療にアテゾリズマブが有用

特定の転移非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とする少規模臨床試験において、初回治療としてのアテゾリズマブ(販売名:テセントリク)は、プラチナベース全身化学療法群と比較して、全生存期間中央値を7カ月強(41%)延長することが、Roche 社とGenentech社が出資するIMpower110試験の中間報告で示された。

本試験は、プログラム細胞死リガンド1(PD-L1)が高発現し、かつ上皮成長因子受容体(EGFR)と未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)がいずれも野生型(変異無し)であるNSCLC患者のみを対象とし、試験結果はNew England Journal of Medicine誌で発表された。

米国では毎年150万人以上の人が肺がんと診断されており、その20%から30%の患者が本試験条件による治療対象となると思われる、と主著者であり、エール大学がんセンター臨床腫瘍学部長であるRoy Herbst医師はReuters Healthの電話インタビューで述べた。

IMpower110試験には患者572人が参加したが、そのうちの205人が試験対象となった。いずれもステージ4の非扁平上皮または扁平上皮肺がんと診断され、全身化学療法を受けたことがない患者であった。

本試験結果を受け、米国食品医薬品局(FDA)は本年5月18日、上述の患者を適応とする1次治療薬としてアテゾリズマブを承認した。

テセントリクという商品名で販売されているこの薬剤は、「免疫チェックポイント阻害薬」として作用するモノクローナル抗体薬である。薬剤が標的とするPD-L1タンパク質は、腫瘍細胞表面にあり免疫機構のT細胞が腫瘍を攻撃するのを妨げる。PD-L1タンパク質が中和されればT細胞も正常化する。

同様の患者を適応とする同種薬のペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ、Merck社)は、5年前にFDA承認済みである。

Herbst医師は「これらの薬は非常によく似ています」と述べており、医師らがアテゾリズマブを1次治療に使用するかどうか議論の余地が残る。

全生存期間は、従来の化学療法群が13.1カ月であったのに対して、アテゾリズマブ投与群では20.2カ月であった(P=0.01)。

PD-L1発現頻度を問わず、EGFR/ALK野生型患者の全生存期間中央値は、アテゾリズマブ投与群の方が長い傾向だったが、統計学的に有意ではなかった。

205人のPD-L1高発現患者の無増悪生存期間は、アテゾリズマブ投与群で8.1カ月、化学療法群で5.0カ月であった。

12カ月の全生存率は、本剤投与群で64.9%、化学療法群で50.6%で、追跡期間中央値は15.7カ月であった。

頻度の高い副作用は疲労と脱力感であった。

試験対象患者全員におけるグレード3または4の副作用の発現率もアテゾリズマブ投与群が良好であった。対照群では52.5%であったのに対し、本剤投与群では30.1%であった。

上述の2社は、19カ国144施設のデータ収集、分析、解釈に協力した。

Herbst医師は肺がん治療を始めた当初を振り返り「あの頃は肺がん領域に携わることを誰もがためらいました。生存期間の中央値は2〜3カ月、せいぜい6カ月でした。1年を超えれば驚いたものです。今やこれらの薬で数年も生存する患者を目の当たりにしています」。

さらに良好な治療成績を目指して「われわれはチェックポイント阻害薬を他剤と併用して、今回の進歩からさらに前進しなければなりません」と彼は述べた。

引用:https://bit.ly/2Gea5IE、 The New England Journal of Medicine誌、2020年9月30日オンライン版 

 

翻訳山本哲靖

監修高濱隆幸(腫瘍内科/近畿大学奈良病院)

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事