米国がんムーンショット計画:小児がんドライバー遺伝子の解明

日本語動画のURL:https://youtu.be/ireHWKCyOok

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆
 ダナファーバーがん研究所のKimberly Stegmaier医師が、ユーイング肉腫について自身の研究チームが達成した成果を説明しています。彼女のチームは、ブルーリボン委員会が定めたがんムーンショット推奨の1つである、小児がんのドライバーである融合がんタンパク質のうち、EWS-FLI融合タンパク質を標的とした研究に取り組んでいます。
 さらなる情報や、がんムーンショット計画を通じて達成された成果に関しては、こちらをご覧ください。
 音声解説やインタラクティブ・トランスクリプトは、こちらをご覧ください。
 
出演者(出演順):
Kimberly Stegmaier医師(ダナファーバーがん研究所小児腫瘍医、研究医)
◆─────────────────◆

元動画掲載日

日本語版公開日

翻訳担当者 平 千鶴

字幕指導寺田真由美

監修 遠藤 誠(肉腫、骨軟部腫瘍/九州大学病院)

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

小児がんに関連する記事

オラパリブとセララセルチブ併用がDNA修復不全腫瘍の小児がん患者に有効である可能性の画像

オラパリブとセララセルチブ併用がDNA修復不全腫瘍の小児がん患者に有効である可能性

米国がん学会(AACR)PARP阻害剤オラパリブ(販売名:リムパーザ)と被験薬であるATR阻害剤ceralasertib[セララセルチブ]の併用は、DNA複製ストレスやDNA修復欠損を...
デクスラゾキサンは、がん治療中の子どもの心臓を長期的に保護するの画像

デクスラゾキサンは、がん治療中の子どもの心臓を長期的に保護する

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ今日、がんと診断された小児の80%以上が、治療後5年の時点で生存している。これは、過去50年間における小児医療の最大の成果の一つである。しか...
FDAが小児のBRAF V600E変異陽性グリオーマにダブ+トラ併用療法を承認の画像

FDAが小児のBRAF V600E変異陽性グリオーマにダブ+トラ併用療法を承認

 2023年3月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、全身療法を必要とするBRAF V600E変異陽性の低悪性度グリオーマ(LGG;脳腫瘍)の1歳以上の小児患者に対し、ダブラフェニブ(...
小児がんサバイバーの糖分の多量摂取は早期老化リスクを上昇の画像

小児がんサバイバーの糖分の多量摂取は早期老化リスクを上昇

全糖、加糖、および清涼飲料の摂取量が多い小児がんサバイバーは、砂糖の摂取量が少ない小児がんサバイバーと比較して老化関連の健康問題が多いことが、11月17日〜20日に開催された米国がん学会(AA...