経口剤S-1は、5-FUの代替薬として転移性胃癌の治療に使用可能

キャンサーコンサルタンツ
2009年10月

多施設共同臨床試験に携わった日本の研究者らの報告によれば、経口剤S-1は、5-フルオロウラシル(5-FU)やイリノテカン+シスプラチンに対し、転移性胃癌の治療薬として非劣性を示すとのことである。本ランダム化試験の詳細は、Lancet Oncology誌の2009年10月8日付け早期オンライン版に発表された。

S-1は、体内で5-FUに変換される経口剤であり、5-FUの体内での分解を阻害するギメラシルと、5-FUによる一般的な胃腸の副作用を軽減するオテラシルを含有する。S-1の有効性は数種の癌で実証されており、日本とその他アジア諸国で広く使用されている。米国ではまだ承認されておらず、第3相臨床試験の段階にある。

New England Journal of Medicine誌に掲載された以前の日本での研究成果から、S-1は胃癌の術後補助療法に有効であることが報告された(関連記事1を参照)。3年全生存率は、手術のみを受けた患者で70%であったのに対し、S-1投与を受けた患者では80%であった。S-1による副作用には、悪心、下痢、体重減少があった。また、日本の研究者らの報告によれば、進行胃癌の治療では、S-1とシスプラチンの併用療法がS-1単独療法より優れているとのことである(関連記事2を参照)。

本試験では、切除不能あるいは再発性の胃腺癌患者704人を、5-FU持続静注群、イリノテカン+シスプラチン群、S-1群という3つの化学療法群に無作為に割り付けた。3人以外はすべて化学療法歴のない患者であった。以下の表に本試験の主な結果を要約する。

 5-FU群イリノテカン+シスプラチン群S-1群
患者数234人236人234人
全生存期間中央値10.8カ月12.3カ月11.4カ月
治療関連死0人3人1人
2年全生存率14%18%21%

コメント:今回の結果やその他のデータから、静注5-FUの代わりに経口剤S-1を胃癌の緩和治療に使用できるという考えが裏づけられる。

関連記事:
1 Adjuvant Therapy with New Oral Fluoropyrimidine Improves Survival for Resected Gastric Cancer (11/07/2007)
2 S-1 Plus PlatinolⓇ Effective for Advanced Gastric Cancer (2/22/2008)

参考文献:
[1] Boku H, Yamamoto S, Fukuda H, et al. Fluorouracil versus combination of irinotecan plus cisplatin versus S-1 in metastatic gastric cancer: a randomized phase 3 study. Lancet Oncology 2009; e-pub on October 8.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 阿部 美由紀

監修 関屋 昇(薬学)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

胃がんに関連する記事

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
進行胃/胃食道接合部腺がんにフルキンチニブ+パクリタキセル併用療法の画像

進行胃/胃食道接合部腺がんにフルキンチニブ+パクリタキセル併用療法

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「FRUTIGA試験において、fruquintinib[フルキンチニブ]とパクリタキセルの併用は、進行した胃/胃食道接合部腺がん...
胃がんの遺伝的リスクがある人の予防的胃切除術の影響は長期に及ぶの画像

胃がんの遺伝的リスクがある人の予防的胃切除術の影響は長期に及ぶ

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログある若い女性にとって、その診断を受けたことで「悲しみ、不安、恐怖 」がつきまとった。別の一人は、「毎日(そのことを)考えたわけではないと言え...
進行した胃・食道がんに2種の免疫チェックポイント(PD-1、TIGIT)阻害薬併用が有望の画像

進行した胃・食道がんに2種の免疫チェックポイント(PD-1、TIGIT)阻害薬併用が有望

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「PD-1阻害薬+化学療法の併用は、胃・食道がんに対する標準的な一次治療です。進行した胃・食道がんには新たな治療法の開発が必要で...